食品加工システム

バター製造機

食品処理装置 - バター製造機械 BUE

1941 年に連続バター製造機械が Fritz 博士によって発明されて以来、GEA はその原理をさらに発展させ続けてきました。当初は、バターを作るために処理できるのは少量のクリームのみでした。現行の BUE モデルまでにわたる最新世代機は、大規模な商業生産用に設計されています。

バター製造機械を利用して、スイートまたはサワークリームから得られるスイート、乳及びサワークリームバターを生産することができます。ただし、付加的要素を統合すると、低脂肪成分や植物性脂肪添加剤、さらにはいわゆる SNF (solids, non-fat: 無脂乳固形分) の調整済み成分との混合脂肪の直列生産が可能になります。

従来のものであっても調整されたものであっても、GEA のバター製造機械と関連する制御要素ではあらゆる種類を一貫して高い品質で生産できます。完全なソリューションは、容易かつ確実にシステムを洗浄するための CIP (Cleaning-In-Place: 定置洗浄) システムによって完成されます。この CIP システムは、温水タンク、特殊な洗浄用腐食剤のタンクと共に必要なバルブ、加熱システムに対応するポンプで構成されます。

Recommended service products

Explore further

Please enter a valid email address

Please hold on, we're processing your submission.

Thank you for subscribing!
Please check your inbox for a confirmation email to complete your signup.

Oops, something went wrong.
Please try again in a few moments.