食品加工システム

食品包装装置

スーパーマーケットで使用されるOxyCheck

20 世紀には、処理および梱包済みの食品が生鮮製品と並んで人気を博し、食習慣が大きく変化しました。人類はこれまで数世紀に渡り、食品の保存可能期間を延ばすために食品を処理 (肉の塩漬けや乾燥など) してきましたが、新しい技術が開発され、すぐに食べることができる食品およびすぐに調理できる食品が生産されるに従い、製品の個別梱包に対するニーズが高まりました。同じ時期、個々に接客を受けるのではなく棚から製品を顧客が選ぶという方式のスーパーマーケットが現れ始めました。これらのトレンドは、1950 年代に幕開けとなった食品の自動梱包技術 に対する推進力でした。

「包含」 – 小分けにし、小さな品目を缶、瓶、ボトル、袋、真空成形トレイ、事前成形トレイなどにまとめる。
 
「保護」 – 損傷、漏れ、破損、脱水、汚染、窃盗、異物混入を阻む。「物理的保護」 – 衝撃、振動、圧迫、温度などに備える。「バリア保護」– 酸素、水蒸気、塵埃、バクテリアなどに対するバリア。
 
「情報提供」– 製品を特定する、製品の使用方法または準備方法を説明する、誤用の危険性を警告する、原材料の一覧を示す、栄養に関するデータと価格を示すなど。
 
「販売促進」– 同様な製品との差別化を図り、小売りおよびスーパーマーケットの販路で注目されるためのマーケティングツール。ブランド、色、イラスト、見栄えを活用するなど。

「輸送」 – 製品を製造業者から倉庫および小売業者 (第 3 次梱包) や消費者 (第 1 次梱包) に簡単かつ安全に移動させる。

梱包に記された販売促進は広告より効果的  

食品小売ビジネスは、そのほとんどすべてが小規模の食料雑貨店、肉屋および他の専門店からセルフサービスのスーパーマーケットに移行し、梱包を介して消費者に製品を知らせたり売ったりするというニーズは格段に高まってきました。標準的なスーパーマーケットでは約 10,000 品目の商品を利用できるため、その他数の中で目立つことは至難の業です。調査によると、梱包への投資は、従来型の広告よりも見返りが大きいことが多いそうです !

加工食品業界を推進するのは何か

加工食品業界および食品のパッケージとデザインは、世界中の社会および経済トレンドに追随します。

  • 加工食品のトレンド:
  • 健康 (栄養、低脂肪、無糖など)
  • ノベルティ (海外製品および最新流行の製品)
  • ライフスタイル (フルコース、加熱準備ができているもの)
  • 社会経済 (景気後退、人口増加)
  • 再調整 (フライ、オーブン、電子レンジ)
  • コスト効率

梱包デザインに影響を与えるトレンド:

  • 便利さ (ジッパー付き、開けやすい、1 人前の分量)
  • 経済的 (徳用サイズ、さまざまな量)
  • マーケティング (可視性、独自性)
  • ラベル付け (内容、使用法、法令)
  • 持続可能性 (削減、再利用可能、再生利用可能)

製品

View as:

Recommended service products

Downloads

List of downloads
title type action
Plastic packaging: beyond the blame game PDF 484.3 kB ダウンロード
Search all documents

Explore further

Please enter a valid email address

Please hold on, we're processing your submission.

Thank you for subscribing!
Please check your inbox for a confirmation email to complete your signup.

Oops, something went wrong.
Please try again in a few moments.