遠心機 - 遠心分離機

GEA の分離機は、液体ベースの用途向けに設計されています。遠心力を利用する分離機は、異なる密度の 2 相以上で構成される懸濁液の分離に使用されます。たとえば、液体 - 液体の分離、液体 - 液体 - 固体の分離、あるいは液体 - 固体の分離に使用できます。これらはいずれも、固体を除去するときと同様、液体混合物を分離するときにも効率的です。

油及び脂肪の回収による化学産業や製薬産業での分離プロセスから、酪農製品、ビール、ワイン、フルーツジュース及び野菜ジュースの生産の他、鉱油及び鉱油製品の処理に至るまでの用途が考えられます。

分離機には、ディスクまたは環状チャンバボウルが付属します。これらは、液体相の排出に関して連続的に動作します。固体排出に関して、非連続的 (たとえば、集めた固体を手で取り除けるように停止する必要がある、非連続ディスクタイプの遠心分離)、半連続的 (自己スラッジ除去ディスクタイプ遠心分離 = 自己洗浄分離機) または完全連続的 (ノズルタイプ分離機) のいずれかで機能します。

GEA の分離機は、ギア駆動、ベルト駆動、直接駆動及び統合直接駆動など、さまざまな駆動方式が利用できます。統合直接駆動は、分離機建設プロセスの進化において次の本当の段階であり、モータシャフト、ギア、ベルト、カプリング及びモータベアリングなしで動作します。設置した構成機器が少数である場合、エネルギーの損失を減らすだけでなく、保全コストも削減するため、機械の可用性が拡大されます。統合直接駆動のスペース要件は、同等のギヤまたはフラットベルトの機械の場合に比べて約 3 分の 1 低減します。

統合直接駆動を搭載した GEA の分離機は、非常に柔軟な使い方が可能です。ボウル速度は、速度伝達比を変更することなく、特定の範囲内で無限に変更できます。さらに、保全プロセス自体も非常に簡素化されました。たとえば、ボルトを緩めるだけで、スピンドルをベアリングハウジングから取り出すことができます。統合直接駆動の革新的な設計では、保全作業の実施が必要な場合、わずか数時間でモータを完全に交換することもできます。この時間は非常に貴重であり、どこか他の場所で生産的に利用できます。

製品

View as:

ソリューション

View as:

Recommended service products

Explore further

Please enter a valid email address

Please hold on, we're processing your submission.

Thank you for subscribing!
Please check your inbox for a confirmation email to complete your signup.

Oops, something went wrong.
Please try again in a few moments.