革新的な GEA プロトタイプである DairyProQ は、ユーロティア 2012 で一大センセーションを巻き起こし、DLG 金メダルを受賞しています。それ以来、GEA ファームテクノロジーズは完全に自動化した搾乳ストールモジュールの製品開発を推し進めており、2015 年の市場投入を発表しています。

全ての工程を 1 度で

DairyProQ は、搾乳プロセスの全ての工程を完全に自動化して行います。搾乳開始、乳頭の準備 (プレディップ) と前搾り乳サンプルの分析からポストディップ工程とティートカップの離脱までの搾乳。これには、搾乳と搾乳の間に行われるティートカップとその外部機器の中間殺菌が含まれます。搾乳ストールモジュールに固有の特長は、1 つの包括的なシステムによるプロセスの完全自動化です。搾乳工程は、各搾乳ストールで完全に自動的に実行されます。このような個別の、コンパクトかつスリムなストールのソリューションにより、家畜にとって自由なアクセスを可能にします。要約すると:大規模な牧場に特に適した、継続的かつ効率的な搾乳プロセス。

2013 年から、DairyProQ は継続的に試験がなされています。32 の搾乳ストールを備えた搾乳システムの次には、40 の搾乳モジュールを備えた第二の実験牧場が加わります。革新的なサービスコンセプトにより、稼働中のメンテナンスが可能になり、最適化されたメンテナンスと消費のコストによる不変の可用性を保証します。そのために、専門のスタッフと販売店は訓練を受け、各国ごとに資格が与えられます。

2015 年には、28 ~ 80 の搾乳ストール規模の DairyProQ が選ばれた一部の市場への投入が開始されます。

戻る
Please enter a valid email address

Please hold on, we're processing your submission.

Thank you for subscribing!
Please check your inbox for a confirmation email to complete your signup.

Oops, something went wrong.
Please try again in a few moments.