植物性食品の消費の急増に、製造業者は注目しています。植物性飲料は重要な消費者基盤を得ており、この基盤は、最近は健康と持続性に対する人々の関心の高まりと、単に人々が追求し堪能できる高品質製品があるという事実により動かされています。

代用乳製品分野は、ナッツ類や種子類や穀類から作られた100%植物由来の製品を網羅しています。飲料、スプレッド、アイスクリーム、ヨーグルト、またはその他の既成食品の形の乳製品に代わるものです。より健康的なライフスタイルを追求する消費者や、エコロジカルフットプリントの縮小を模索する消費者、本当に好きな味が植物性製品の味であることに単純に気付いた消費者が増えており、乳頭不耐症や乳タンパク質アレルギーを抱える消費者が頻繁に足を運ぶ商品棚には植物由来製品が数多く並んでいます。

10年前に比べると、増え続ける市場における消費者は、毎年新しい乳成分不使用製品が店の棚にずらりと並ぶので、さまざまな製品を自由に選べるようになりました。同時に、味、口当たり、原料、栄養、原産地、総合的なエコロジカルフットプリントに対する消費者の期待も高まっています。 

より健康的で目的意識の高い食事への世界的な転換

世界人口の 65% において、幼年期後に乳糖消化能力が低下しています。乳糖不耐症は、東アジア系の人々に多く見られる症状で、東アジアには成人の90%以上が抱えている地域もあります。乳糖不耐症は、西アフリカ系、アラブ系、ユダヤ系、ギリシャ系、イタリア系の人々にも多く見られます。この症状は、体内で生成されるラクターゼ(牛乳に含まれる乳糖の分解に必要な酵素)が少ないために発症することが多く、その場合は主要な栄養源である牛乳から離れることになります。多くの文化において、この現象は幼少期ですでに発生しており、消化問題の結果と言えます。乳タンパク質不耐症や牛乳アレルギーを抱えている人々もいます。牛乳アレルギーは免疫システムに関係しており、命に関わることもあります。ステロイドやホルモンへの暴露を最小限に抑えるために乳製品を避ける人もいます。

一部の食品のエコロジカルフットプリントについての懸念に対する反応として、世界的に、緩やかな菜食主義者(フレキシタリアン)の食生活や、菜食主義(ベジタリアン)の食事、完全菜食主義(ヴィーガン)の食事を取り入れる人が増えています。そのため植物性飲料への関心が高まっています。例えば大豆や豆類を使用した代用品にはタンパク質が豊富に含まれていまが、このような食生活の転換を行う消費者が増えているため、タンパク質の豊富さは重要な点です。実際、豆類から作られた飲料の場合、コップ1杯あたりに含まれるたんぱく質の量が牛乳よりも多いのです。また一部の市場では、これらのタイプの飲料が従来の牛乳よりも安価です。大半の人々が1日に乳製品(または代用乳製品)を2~3品目を摂取する必要があり、これは消費者が簡単には無視できない食生活状況です。同時にこれらの要素が、この動的分野にみられる成長をけん引しています。

植物性飲料の商品棚

この分野の驚異的な多様性は、ナッツ類や種子類や穀類(大豆、ココナッツ、カシューナッツ、マカダミアナッツ、麻、キヌア、大麦、亜麻、エンドウあなど)から作られた数多くの製品を見れば一目瞭然です。これらの飲料の多くは栄養価が高く、カルシウムとビタミン D で強化されています。最も一般的な飲料は以下の通りです。

  • 豆乳:粉砕大豆を調理したものから作った高タンパク質液。一般に栄養が強化されており、牛乳の代用品として使用される。1カップ当たりのタンパク質の量が牛乳とほぼ同じ。
  • アーモンドミルク:アーモンドから作られた植物性ミルク。コレステロールも乳糖も含まれていない。
  • ライスミルク:米(通常は玄米)から作られた穀物ミルク。販売されているものの大半が無糖。
  • オート麦ミルク:オート麦から作られたミルク状の液体。牛乳の代用品、食材、飲料として使用される。

買い物かごに入る

植物性飲料の開発とその消費の拡大において、文化と経済は極めて重要な役割を果たしています。研究機関 Zenith Global によると、豆乳はアジアで確立されており、2018年は終始、世界の生産量の約50%を占め、世界的なカテゴリーの中心であり続けていました。アーモンドミルクは豆乳に次いで26%を占めており、今後の5年間で、特に西側諸国において大流行すると予測されています。実際にアーモンドミルクは、2013年に米国で最も売れた植物性ミルクとして豆乳を追い抜きました。アジア太平洋では、付加価値のある原料(コラーゲン、アミノ酸、炭など)を使用している新製品や、「不使用」特性(例:大豆不使用、ナッツ不使用、防腐剤不使用、遺伝子組み換え材料不使用、砂糖不使用)を強調している新製品が多くなっています。この転換は、健康的な食生活への注目の高まりと、可処分所得がある世帯の増加という事実により、大きく前進しています。

食品分野全体で見られる通り、従来の枠を超えた形態のものの人気も高まっています。例えば、グラノーラバーやヨーグルトの形態のグラノーラシリアルは、従来は容器に入ったものをスプーンで食べるというものでしたが、現在では、プロバイオティクス製品や乳成分不使用の代用品などを含め、直に飲める(RTD)容器に入った状態で販売されているものが主流です。RTD という選択肢は、出張する可能性がある場合や、ジムに行く途中、または手軽な間食を探しているという積極的な消費者には理想的です。代用乳製品飲料分野の成長機会な飛躍的な拡大を遂げている一方で、消費者の期待はこれまでになく高まっています。植物性ヨーグルト製品に関して、ユーロモニターインターナショナルが以下のような製造業者を推奨しています。 

植物性飲料の小売り
  • 植物性ヨーグルトの栄養価を利用している  
  • ブランドロイヤルティーを構築するために、緩やかな菜食主義者、菜食主義者、完全菜食主義者、さらには健康と環境に対する意識が高い乳製品消費者もターゲットにしている
  • 牛乳から作られたヨーグルトに匹敵した風味を持つ製品の開発など、風味と口当たりを改良している 
  • 小売りの域を超えて消費者と関わる

GEA は植物性飲料の分野の動向に注目し続けています。「私たちにとっては、動向と革新が将来どうなっていくのかを把握しておくことが重要であり、これらを把握しておけば、消費者の期待とニーズの移り変わりに対応できるようにお客様をサポートできるのです。」- GEA ノンアルコール飲料部門責任者ステッフェン・ラスマン

高品質の最終製品を獲得するための GEA 大豆加工ノウハウ

GEA は、大豆飲料、豆腐、その他の食品の基礎を形成する豆乳を製造するための完全加工ラインを提供しています。豆乳は、油と水とタンパク質の安定した混合物から形成されるもので、大豆を水に浸して粉砕し、水を加えて混合し、通常はデカンタを使って濾しておからを除去することによって製造します。 

熱により酵素が不活性化されたら、液体が脱臭され、混合されて均質化されます。その後、この大豆製品に低温殺菌または超高温処理を施して包装します。このプロセスにおいてリポキシゲナーゼ酵素活性の抑制は重要なステップで、これにより、不飽和脂肪酸の酸化と臭い(豆特有の風味)の発生を予防します。抽出段階で適切なパラメータを設定することで、微妙に風味が異なるもの(豆風味がある製品か、それとも特別な風味はない製品か)を作り上げます。GEA セパレータのおかげで、遠心分離機も脱脂による低脂肪製品の製造に使用できます。 

大使を抱いているお客様を完全プロセス統合でサポート

中国でも代用乳製品市場がしっかりと構築されています。その主な理由は、人口当たりの乳糖不対症の比率が高く、菜食主義率が急上昇しているためです。大豆は、タンパク質を大量に含んでいることから現在も市場で優位を占めており、特に利便性に対する需要の高まりから、生の状態ではなく包装されている製品として販売されることが多くなってきています。持続可能なソースから得た原料の明示に対する需要、次いで、持続可能で質の高い製造プロセスの需要も上昇しています。

大豆

中国最大の酪農加工製造業者のうちの1つで、すでに GEA と長期的にお取引いただいているお客様が、中国国内で新たに大豆加工プラントの建設を検討されていたときに、その地域の実績豊富な競合企業の中から GEA をお選びいただいております。2018年後半に開始された建設プロジェクトには、大豆製品の下処理用の構成設備(豆の抽出から混合まで)の建設と設置が含まれています。この新規プラントは今年の晩夏に稼働を予定しており、顧客の大豆加工能力と代用乳製品市場でのポジションが大きく向上すると考えられています。

GEA が現在中国で稼働させているプラントのようなターンキープラントには多数の統合プロセスが組み込まれています。このプロセスには、粉砕、製粉、遠心分離、酵素法、ブレンド、均質化、熱処理が含まれており、これらのすべてに、プラントの計画、自動化、オンライン化に関する技術的な専門知識が必要です。グローバルで機能横断型の GEA 植物性飲料チームの責任者コルム・オゴーマンは、GEA が各地域で、お客様とのプロジェクトへの専門知識・技術の落とし込みに成功していることを喜んでいます。「プロセスインテグレータとしての当社の強みを世界に示しています。当社が抽出技術自体と下流プロセスに必要となるすべての中核的要素を提供できることを考えると当然ではあります。当社の総合的なプロジェクト実績と技術ポートフォリオによって、当社は、後続の製造サービスを含め、プロセス全体をお客様とともに進めることができます。当社の専門知識と GEA のパートナー本位のアプローチの組み合わせは、お客様にとって有益です。」GEA は引き続き植物性飲料業界での展開を重視し、世界、特に自社のノンアルコール飲料向け開発センターにて、自社の知識と専門技術を活用します。

GEA の製品群によって、当社は実際に、さまざまな分野のエキスパートのとりまとめや、個々に適したコンセプトへの最善策の落とし込みを実現できます。「当社には、中国のお客様と連携してプロジェクトの本格展開を確実に成功させることができる強力なチームがあるのです。」- GEA ノンアルコール飲料部門責任者ステッフェン・ラスマン

戻る

連絡先

Please enter a valid email address

Please hold on, we're processing your submission.

Thank you for subscribing!
Please check your inbox for a confirmation email to complete your signup.

Oops, something went wrong.
Please try again in a few moments.