メニュー

リスク管理

GEA グループ Aktiengesellschaft は、この数年で大きな成長を遂げました。しかし、ビジネス活動に関連する機会とリスクの両方が特定され、適切に考慮された場合にのみ、持続可能な成長が実現できるのです。こういった理由から、効果的な統制とリスク管理システムは、GEA グループ Aktiengesellschaft における企業ガバナンスの中核となる要素の 1 つを表しています。

リスクおよび機会管理の対象

GEA グループには、成長を活かし、原則としてビジネスリスクに関連するにもかかわらず、巡ってきた機会を利用してその潜在的な収益を伸ばす能力があります。したがって、計算されたリスクを取ることが、GEA グループの企業戦略の一部なのです。持続的に企業価値を高めていくという目標を達成するには、推定可能で、大きな機会に見合うこういったリスクに可能な限り踏み込んでいくことが必要です。そのためには、妥当でないリスクを回避し、踏み込んでいくリスクを監視および管理し、機会を適切な時期に確認して活用するという積極的なリスク管理および機会管理が必要です。GEA グループの戦略と中期的な計画は、機会とリスクを管理するために重要なコンポーネントです。これらのプロセスは、対応するリソースの割り当てとともに、中核となる技術と市場に関する意思決定の準備に利用されます。目標は、将来の市場を見据えて多様化と集中を図り安定を目指すことです。同時に、GEA グループの連綿と続いてきた存在感を危険にさらす可能性がある出来事を、早い段階で特定できます。たとえば、注文を受けるのか、それとも資本支出プロジェクトを導入するのかなど、経営上の決定によって発生する機会とリスクを評価し、それを基に、重要性の基準を考慮する意思決定プロセスにおいて、全グループレベルで関連する部門および意思決定者が積極的に管理します。

リスク

リスク管理システム

全グループ企業は、GEA グループのリスク管理システムに組み込まれています。四半期ごとのリスク報告と規模に合わせた特別なリスク報告は、部門とグループ管理の意思決定者が重要な既存リスクと将来の成長に影響を与える潜在的なリスクについて、すぐに知らせを受けるようにすることを目指しています。

秩序あるリスク管理システムと関連ワークフローの基本原則は、各部門が特定の要件を満たすように、手続きに従って詳細に至るまで分析して構成したグループ全体でのリスクガイドラインにまとめられています。このガイドラインでは、必須リスク報告と管理要件についてもまとめられています。この要件への準拠は、内部監査部門によって定期的に監視されます。

評価済みのリスク報告を網羅した報告システム、強化された財務予測、統一の月次財務諸表、さまざまなリスクを特定し分析できるようにする執行役員会と部門責任者との定期的なミーティングは、リスク管理と勧告委員会(RAACs)などのリスク管理手段を補っています。

GEA グループのリスク管理システムは、管理階層に基づいています。リスクは、あらかじめ定義された基準に基づき、次に高い管理レベルに報告されます。

グループのプロジェクトビジネスの特定要件は、部門のリスク委員会およびグループ管理レベルで検討されます。拘束力のある見積りが発行される前、あるいは契約書に署名する前に、制御不能なリスクを回避するため、見込みのある注文の商業的条件および契約条件が、さまざまな部門の専門家によって詳細に検討されます。したがってリスク管理システムは、見積りの機会とリスクプロファイルの重要な検討という形で、すでにその力を発揮しているのです。プロファイルが不適切な場合、契約に署名することはありません。

リスク管理システムは、法律で求められているように、グループの連綿と続く存在感を危険にさらすリスクを早い段階で特定するように設計されているだけでなく、部門やグループの業務結果に実質的な逆作用を及ぼす可能性のあるあらゆるリスクを捉えます。既存のシステムでは網羅されないリスクや機会をシステム的に捉えるように、2013 会計年度に GEA グループのリスク管理システムにモジュールが追加されました。これにより、総合的にリスクを評価できるようになりました。

情報は、全組織単位にわたり、「リスク & チャンススコアカード」で対話式プロセスを踏みながら収集および統合されます。GEA グループの連綿と続く存在感を危険にさらす可能性のあるリスクを、進行しつつある懸念事項として特定するには、すべての問題を財務面での重要性 (実態ベースで、つまりリスクを軽減する要素を排除して) および発生の可能性という観点から評価します。さらに、各リスクのタイミング (1 年未満あるいは 1 年以上) も個別に評価されます。


重要度の判定には、次の基準が使用されます。

リスクと機会

可能性

40 % 未満
40 ~ 60 %
60 % 以上
重要ではない



中程度



顕著




重要でない - 財務および収益状況への影響が 25 万 ~ 250 万ユーロ
中程度 - 財務および収益状況への影響が 250 万 ~ 1000 万ユーロ
顕著 - 財務および収益状況への影響が 1000 万ユーロ以上

これにより、GEA グループへの影響に関して、リスクと機会両方を分類できます。短期的関連性を持つ問題で、重要性および可能性の格付けが高 (「H」) である場合、最初に顕著なリスクまたは顕著な機会として分類されます。

さらに、予想される短期的および中期的市場開発に関する GEA グループの市場専門家により、見通しの照合に GEA 需要指数 (GDI) が使用されます。GDI により、GEA グループに関連のある業界および地域での積極的または消極的市場開発をいち早く特定できるようになります。

リスク & チャンススコアカードおよび GDI で収集したデータは、グループの流動性に与える可能性がある影響をシミュレーションする、シナリオおよび感度分析により内部および外部の情報とともに処理されます。

信頼性の認識条件が満たされた場合、グループの業務活動で発生する、特定可能なあらゆるリスクに対して、適切な準備が承認されます。次のセクションでは、既存のリスクを詳細に説明します。まだ認識されていない、あるいは現時点では重要でないと見なされているリスクも、ビジネス活動に悪影響を与える可能性があります。

社内統制システム

GEA グループの社内統制システム (ICS) は、COSO フレームワークに基づき、他の原則、基準、ルール (ICS の他のコンポーネント) とともに、リスク管理システム (RMS) で構成されます。RMS がリスクの特定と分類を目指している一方で、残りの ICS を構成するコンポーネントは、主に制御する手段によってリスクを回避または軽減する役目を果たします。社内監査機能は、もう 1 つの ICS コンポーネントです。

RMS は、Aktiengesetz (AktG - ドイツ株式会社法) のセクション 91(2) に従った早期リスク認識システム、およびリスク管理システムの他のコンポーネントに関する原則、基準、ルールで構成されます。ICS の別のコンポーネントでは、財務報告に関連する、または関連しない原則、基準、ルールを区別しています。

財務報告に関連する GEA グループの ICS は、月次、四半期ごと、年次の財務諸表のビジネス取引を適切に承認および記録できるようにする、あらゆる原則、基準、ルールを網羅しています。導入された ICS の目標は、信頼性の高い財務報告、関連する法律と基準への準拠、ビジネスワークフローのコスト効率性です。

GEA グループ Aktiengesellschaft に加え、すべてのグループ企業は ICS に組み込まれています。

GEA グループの ICS で定められた次の重要原則をあらゆるビジネス部門に適用する必要があります: 「 明確に定義された責任の範囲」、「あらゆる行動領域における機能の切り分け」、「二重署名方針」、「ガイドライン、指示、手順要件 (マニュアル) への準拠」、「契約締結前に相見積りを実施する義務」、「承認されていないアクセスからのデータ保護」、「グループ内で統一された手順に従うためのトレーニングセッションの開催」。

財務報告に関して、すべての関連会社で統一された会計処理を実施できるように設計された重要手段とルールは次のとおりです: 「会計処理と口座割り付けのマニュアル」、「口座の統一チャート」、「統合および計算マニュアル」、「二重制御原則を使用したエントリの承認」、「特定のエントリは選ばれた者だけが作成すること」。エラーを防ぐため、すべてのグループ企業において GEA グループの会計処理、財務統制、財務職能で、標準化された IT システムが使用されます。すべてのガイドラインおよび IT システムは、法規およびビジネス要件
を反映するように継続的に更新されます。

上で述べたように ICS に設定された原則、基準、ルールへの準拠は、システム的に監視されます。このとき、GEA グループの社内監査部門による定期的な見直しという形を取り、執行役員会に直接報告するとともに、監査委員会に報告を定期的に送信します。その結果により、確認を行った会社で特定した不備を解消し、グループ内で進めている ICS の強化を実現します。

全体として、ICS は、戦略的で、業務、財務、コンプライアンスに関連した目標を達成するための会社の能力に実質的に影響を与える可能性がある、リスクと機会を早期に特定、評価、管理できるようにします。

性能

以下で述べる業績リスクはさまざまな形を取る可能性があります。GEA リスク管理システムの要素は、新たに発生したリスクが実体化する前に特定できるように設計されているので、ケースごとに適切な基準を導入して、グループの財務状況や業績への悪影響を防ぐことができます。一般に、潜在的なビジネスの業務リスクは、著しい依存関係を回避し、一貫した対応力と柔軟性のバランスをうまく取ることで最小限に抑えられます。GEA グループの販売市場には、さまざまな製品と顧客構造が存在します。この多様性が、特定の二次市場における需要変動への影響を和らげます。しかしながら、食品業界はビジネスの中心です。食料および飲料需要の大幅な減少は、GEA の財務状況および業績に実質的な影響を与えます。GEA では、世界的な需要減少の可能性は低いと考えています。このリスクは、全体として中にランク付けされます。

GEA のビジネスの大部分は、GEA の顧客が利用可能な融資に依存するプロジェクトで構成されます。全般的な需要の減少、貨幣平価でのシフト、あるいは金融引き締めにより、そういったプロジェクトの実施がさらに難しくなる可能性があります。同じ理由から、既存の注文が変更されるか、キャンセルされることさえあります。こういったリスクが世界レベルで発生すると、GEA の財務状況および業績に実質的な影響を与えます。このようなリスクが世界的に発生する可能性は低いと考えられています。このリスクは、特に GEA の多様性のある位置付けにより、全体として中に分類されます。結果としてリスクになるかもしれない国固有の紛争状況は、リスク管理プロセスの一部として継続的に監視されますが、そのような状況で発生する潜在的なリスクは、数値化が難しいものです。ですが、グループの業績への影響は予測されていません。このリスクは、全体として中にランク付けされます。販売サイドでは、今後の価格は全般的な経済傾向に大きく左右されるでしょう。産業での設備稼働率の低下も、価格水準に、さらに GEA グループの財務状況や業績にも大きな悪影響を与える可能性があります。グループの地域多様性と産業分野での多様性のおかげで、そういったリスクの可能性は低いと考えられます。この問題は、全体として中のリスクにランク付けされます。GEA グループは、ステンレススチール、銅、アルミニウムなど、さまざまな材料を処理しています。これら金属の購入価格は、市場状況により大きく変動する可能性があります。注文の原価計算のベースとして使用される買い上げ価格に固定するように、選択したサプライヤとの間で長期的供給契約が締結されます。ただし、こういった状況で発生する潜在的リスクは、数値化が難しいものです。買い上げに関して、現在の想定では、重要な材料の価格は上昇しないと見ています。このリスクは、全体として中にランク付けされます。長期的エンジニアリング注文は、GEA グループのビジネスの重要な要素です。こういった契約の一部は、プロジェクトの完了に関連するリスクの大部分を仮定するため、特定のリスクを引き起こします。さらに、プロジェクトの受け入れ後数年にわたって効力を持つ保証義務を伴うことがあります。技術的な問題、請負業者での品質の問題、および間に合わなくなった締め切りは、コストの超過につながることがあります。したがって、グループ管理と部門レベルに総合的なリスク管理システムを用意し、注文関連のリスクを綿密に監視しています。これは、拘束力のある見積りが発行される前に作用し始めます。この領域で予測可能なすべてのリスクに対して、適切な準備が行われています。このことが、財務状況と業績に関するリスクと機会の両方を生じさせる可能性があります。全体として、この問題は中のリスクにランク付けされます。GEA のビジネスプロセスは、情報技術に大きく依存しています。重要システムの障害や不具合は、機密性、可用性、整合性に関連するリスクとなることがあり、重要なビジネスプロセスが危険にさらされる可能性があります。GEA では、経済的に実現可能な範囲で、承認されていないアクセスに対して IT システムを保護します。関連するセキュリティシステムは、継続的に更新されています。

さらに、会社ではマクロ経済のトレンドに関するリスクも注視しています。経済の悪化が注文数の減少につながって前会計年度の水準を下回ることになった場合、設備稼働率と設備調整基準の低下により、収益に悪影響を及ぼす可能性があります。グループの地域多様性と産業分野での多様性、および柔軟性を持った構造になっている事実のおかげで、この重大なリスク発生の可能性は低いと考えられています。この問題は、全体として中のリスクにランク付けされます。契約面で同意されたとおり、以前の Lurgi および Lentjes 部門の販売を引き継いだグループで、選択した注文に関する定義済みリスクが残っています。これら Lentjes の大部分の注文の保証期間はすでに期限切れとなっています。他の注文は、一時的に顧客に引き渡され、保証期間中です。Lurgi の購入者と締結された最終合意の下、厳選された Lurgi の注文から発生するリスクは、GEA グループでは大幅に解消されました。残りのリスクは、全体として低にランク付けされています。GEA 熱交換器部門の販売は、購入者に対する金融債務という形でリスクになっています。こういったことは、主要プロジェクトのリスク共有だけでなく、契約上の保証と賠償に関係してきます。この問題は、全体として中のリスクと評価され、発生可能性は低いと考えられています。専門的で資格を持つ従業員は、GEA グループの成功において重要な要素です。グループではさまざまなスタッフポリシー基準を設定し、欠員を適切に埋められない、あるいはスキルを持った従業員を失うというリスクに対抗しています。この基準は、GEA を魅力的な雇用主として位置付け、従業員のグループに対する長期的な忠誠心を養うことを目的としています。この重大なリスクが発生する可能性は低いと考えられています。この問題は、全体として中のリスクにランク付けされます。

買収および統合

買収と内部的な企業再編は、従業員、プロセス、技術、製品の統合の結果として起こるリスクを伴います。したがって、問題となる基準の目的が、予想されるタイムフレーム内またはタイムフレームすべてで達成されない可能性があります。さらに、そういった取引は、相当な管理費用やその他の費用を生じさせることもあります。また、ポートフォリオの評価基準が追加融資の必要性につながることもあり、財務要件および財務構造に悪影響を及ぼす可能性があります。こういったリスクには、特定のトレーニング手段とともに、構造化された統合概念と社内専門家による綿密な監視で対抗しています。

環境面

当社ポートフォリオの中で一部の資産は、主に早期のビジネス行動の結果として、環境汚染や鉱業損害に関連するリスクを伴います。これらのリスクには、社内および社外の専門家による適切な評価や監督で対抗しています。2014 年の評価に対して、過去数年間と同様に適切な準備が行われました。このことが、財務状況と業績に関するリスクと機会の両方を生じさせる可能性があります。その可能性は中、具体性は中程度と考えられています。

財務

金融リスク管理の原則
執行役員会は、一連の効果的なガイドラインを設定し、グループ全体での金融リスクを管理し、さらに大幅に制限したり未然に防いだりしました。資産保護に関する目標、セキュリティでのギャップ解消、リスクの特定および分析での効率性の向上は明確に定義され、組織の構造、能力、責任に関連します。ガイドラインはシステムセキュリティの原則、機能の分離、透明性、即時の文書化に基づいています。

GEA グループは世界規模で業務を行っているため、通常業務においても通貨、金利、物価、信用、流動性といったリスクにさらされています。金融リスク管理では、デリバティブおよび非デリバティブのヘッジ手段を適切に使用して、このリスクを軽減します。グループの金融リスクは、統合財務諸表のメモのセクション 3 で数値化されています。

総額評価に基づき、下で説明する金融リスクは、GEA にとって原則として相当なものであり可能性も高いと考えられます。したがってこれらのリスクは、全体として高とランク付けされます。

通貨リスク
GEA グループは国際的に業務を行っているため、キャッシュフローは、ユーロだけでなく、他の通貨、特にアメリカドル建てとなります。結果として発生する通貨リスクを未然に防止することは、リスク管理の重要な要素です。GEA グループ内で使用される、中心となる通貨の管理についての統一されたグループのガイドラインでは、すべてのグループ企業が、ヘッジ率に基づいて価格を固定できるように、発生する外国通貨アイテムの投資先を分散させる必要があります。通貨リスクは、認識されたヘッジアイテム、未認識の確定約定、可能性の高い予測取引に分散されます。ヘッジ期間は、ヘッジアイテムの満期によって決まり、通常は最大 12 か月ですが、その期間を大幅に超える例外もあります。にもかかわらず、為替相場の変化は、ユーロ圏外での販売機会に影響を与える可能性があります。ユーロ圏を拠点とする提携グループ企業は、主要取引通貨での商品やサービスの取引に関連する GEA グループの中心的金融部門の全貸付残高の危険状態に対して弁済する義務があります。この危険状態のほとんどは、デリバティブおよび関連会計処理のヘッジ目標によって、満期に達していれば銀行に直接渡され、また、ポートフォリオの一部としても損失防止されることがあります。金融取引およびユーロ圏外の関連会社が行う取引の損失防止は、中心的金融部門とも密接に調整されます。

金利リスク
GEA は世界で業務を行っているため、異なる通貨 (ただし、主な通貨はユーロ) および異なる満期での国際通貨や資本市場への投資で流動性が発生します。その結果生じる金融負債と投資は、金利リスクにさらされています。このリスクは、中心となる金利管理によって評価し、管理する必要があります。金利リスクを分散させ、金利の予想変動率とヘッジアイテムの資金繰りコストを軽減するため、ケースごとにデリバティブ金融商品が利用されることがあります。中心的金融部門だけが、そういった金利ヘッジに参入することが許されています。

信用リスク
金融商品は、契約の相手が債務履行に失敗する可能性があるという信用リスクにさらされています。GEA グループの中心的金融部門が使用する契約相手制限システムは、契約相手の債務不履行リスクを継続的に評価して管理することを目的としています。それぞれの契約相手に対して最大リスク限度が定義され、多くの場合、広く認められている信用格付け会社と信用デフォルトスワップ (CDS) の格付けから決められます。個々の限度を超えた場合、適切な行動を取ります。潜在的顧客の財政状態は、注文受付前に内部リスク委員会の手順を利用して詳細に調査されます。非リソースファクタリング、非リソース融資、および信用保険を含む債権管理も実施されます。輸出取引の場合、Euler Hermes などの輸出信用会社を含む担保、保証、保険引受証とともに、確認済みおよび未確認の信用状が使用されます。問題になっている子会社による現地監視に加え、GEA グループでは、リスクの累積をしっかり管理できるように、グループ管理レベルで主要信用リスクを監視しています。売上債権は、通常、さまざまな分野および地域で多くの顧客から支払われるべきものなので、リスクが集中することはありません。評価引当金は、特定の信用リスクを考慮に入れています。関係する信用リスクを軽減するために、デリバティブ金融商品には、上で説明した契約相手制限システムのもとで信用度が十分であると分類された、評判のよい金融機関だけを扱います。これについては監視を続けていきます。金融資産の最大限の公開は、帳簿価額に制限されています。

流動性リスク
GEA グループは、自由に使える現金資金が不十分で、支払い義務を履行できないかもしれないという流動性リスクにさらされています。中心的金融部門が、このリスクを管理する責任を負っています。現金資金が調整され、融資限度額は複数年の財務計画および月ごとに繰り返す収支予測に基づいて管理されます。その後、資金はグループ管理により各社が利用できるようになります。現金資金および GEA グループ内での借入金をより有効に利用するため、現金プールが多くの国で確立されました。流動性リスクを軽減するため、資金源を多様化し、満期を調整するように、GEA グループは今後も引き続きさまざまな金融商品を利用していきます。流動性での変化に関する潜在的なリスクの影響シナリオは、四半期ごとにシミュレーションされます。すべての社内リスク管理情報と、潜在的市場や他の外部リスクに関する内部および外部情報が考慮されます。これを基に、執行役員会および監査役会は、潜在的な流動性リスクをカバーするための、現金の水準と長期的融資限度額に関する厳密なルールに同意しました。


税金リスク
適用される国税法が、損失繰り越しの利用、ひいては統合財務諸表および現在の課税において認識される繰延税金の復元可能性に影響を与えることがあります。さらに、所有構造での今後の変化が、ドイツの損失繰り越しの利用 (Körperschaftsteuergesetz (KStG - ドイツ企業所得税法) のセクション 8c) を大幅に低減または利用不可能な状態にする可能性があります。米国の損失繰り越しの利用可能性も、IRC セクション 382 (所有変更に続く純営業損失の繰り越しに関する制限) において、GEA グループ Aktiengesellschaft の所有構造で一定の変化があった場合、制限される可能性があります。さらに、ドイツおよび諸外国では、公共部門の厳しい財務状況、その結果高まる改革への圧力、明らかに強まる税務当局による監視など、税法での今後の変更およびその適用先に関して、大きな不確定要素があります。存在する税金リスクは、GEA の財務状況および業績に実質的な影響を与える可能性があります。実際に悪影響が発生する可能性は、比較的少ないと考えられています。

GEA からのニュースに登録することで、GEA の革新的な技術やストーリーに常にお知りいただけます。

登録

ご用件をお伺いいたします。ご入力頂いたお問合せ内容について担当者よりご回答いたします。

お問合せ