サプライヤ/請負業者向け行動規範

ビジネスにおいては、お客様、株主、従業員、政府、そしてコミュニティとの信頼関係の構築、維持が成功の鍵を握っています。GEA は、ステークホルダー (利害関係者) から信頼を得るため、公正な態度で接するよう努めています。卓越、情熱、高潔、責任、GEA-versity (国境を越えたチームワーク、個性の尊重) は当社企業理念の骨子であり、GEAが高く掲げる価値観を表しています。当社は、サプライヤおよび請負業者の皆様と、この取り組みを共有したいと考えています。

公正な労働条件を確保し、環境を保護し、人権を守り、汚職や金融犯罪と戦うためには、明確な行動基準が求められます。GEA は社会的責任に関するガイドライン (ISO 26000) を完全に認識しており、その結果として国連グローバルコンパクトの10原則を順守しています。GEA は行動規範に明記されている社会的責任を踏まえて、すべての活動を行います。GEA はさらに、自社のサプライヤと請負業者に対しても、ISO 26000 ガイドラインの還俗と主要トピックを認識し、それを踏まえて行動することを求めています。当社の決定は、品質、納入実績、およびコストのみに基づくものではなく、当社の行動規範に対する責任と透明性、そして価値観が大きな役割を果たしています。当社の調達プロセスにおいて、価値観は重要な位置を占めており、当社のサプライチェーン全体にわたって守る義務があります。

これは、たとえば、当社が原材料の生産地および紛争鉱物に関する透明性をさらに高め、リスクを早期に検出することを意味しています。

Please enter a valid email address

Please hold on, we're processing your submission.

Thank you for subscribing!
Please check your inbox for a confirmation email to complete your signup.

Oops, something went wrong.
Please try again in a few moments.