リーンによる理想への到達

生産性の向上や無駄の削減などの持続的な改善が、理想を目指す GEA にとってどのような役割を果たすかについてご説明します。

Uwe Möller には使命があります。 アイデア & 改善点管理 / リーン生産管理のディレクターとして、GEA の持続的な改善の舵取りを担っています。

「アイデア管理」はリーダーシップと学習のツールで、組織の他の手法やシステムを補完し (これらと競合するのでなく) 事業を成功に導く新たな基盤を形成します。 「リーン」とは、お客様に付加価値をもたらさないあらゆる活動を系統的に特定して除外するために、全従業員が取り組むようにすることです。

「付加価値とは、お客様が対価を支払う対象であり、そのために製品やサービスを向上させる活動でもあります」と、Uwe は説明します。 「無駄とは、お客様が対価を支払いたくないあらゆる活動のことで、原材料、製品、サービスのどの価値も高めません」。

秘訣は関係性の管理にあるようです。 「同僚や管理者に耳を傾け、さまざまな人間同士の関係を効果的に構築しながら意欲を引き出すことが重要です」と、Uwe は話します。 「このような関係に真剣に取り組まなければ、優れた成果は得られません。」

Uwe は 1985 年に GEA に参加し、当初は研究開発部門に所属しました。 2008 年以降は、GEA のアイデアと改善点の管理システムである i²m の有用性に注目し、持続的な改善で i²m が重要な役割を果たすと確信しています。 2012 年にはカイゼンとリーン生産でブラックベルトを取得し、自らの信任を高めています。

カイゼン - リーン - シックスシグマ

カイゼンは日本語の持続的な改善を意味し、リーンシックスシグマとともに、プロセス改善を実現する一連のツールや手法をもたらします。 リーン生産管理では、付加価値を生まないプロセスステップの除外に焦点が当てられます。 さらに残された付加価値を生むプロセスステップにあるばらつきや偏りを、シックスシグマによって排除します。 

「つまりリーンによって自分の行動が正しいこと、シックスシグマによってその行動が正しい方法で行われていることを、始めから確認できます」と Uwe は述べます。 「リーンは、無駄を探しそれについて考えるように従業員を教育すること結び付いています。 これにより、無駄を見つけたとき思考を巡らせ、より効率的な対策を見つけられるようになります」。   

「より適切なアイデア (i²m) と創造的な問題解決方法を持続的に生み出すことがカギになります。 物事を限界まで切り詰めるのとは逆です。 革新性、創造性、効率性、そして全従業員の積極的な関与を引き出し問題解決を導くことなのです」。

リーンのアプローチには、工具を運ぶ台車に棚や引き出しを取り付けるような、シンプルな解決策も多く含まれます。 「社内の技術者が正しい工具を探すのに 1 日 1 時間以上かけているとします」と、Uwe は続けます。 「この時間は、週 5 時間、年 230 時間に相当します。 さらにサービスエンジニアの人数を掛けると、「付加価値を生まない」時間と経費が膨大な量に及ぶことになります」。

Uwe は、世界各地の GEA 他部門の持続的な改善スタッフと協力し、優れたアイデアを共有して共通のリーンシックスシグマ標準を開発しています。 また、リーンシックスシグマのマスターブラックベルトの資格を持ち、従来のブラックベルトのスキルに加えて新たなツールを活用できます。

「リーンの世界で必要なのは、ツールセットとマインドセット (物の考え方) という 2 つの「些細な」ことだけです」と、Uwe は続けます。 「ここではマインドセットが課題となり、取り組むべき対象になります」。

先頭に戻る