地域熱供給

化石燃料への依存の軽減は気候変動を管理する上で重要な目標であり、GEAはそのプロセスにおける役割を真剣に模索しています。実績のあるヒートポンプ技術により、海水、地下水、下水、空気、産業排水などの価値の低い熱源をアップグレードします。最大90˚Cの高価値の熱を生成することにより、CO2排出ゼロのエネルギーコストが削減された地域熱供給システムを使用して、有用なエネルギーとして生まれ変わります。

サーモスタットノブにより手動で調整可能な白い住宅用ラジエーター

背景

地域熱供給は、住宅用・商業用での暖房・給湯などの暖房要件に対応した断熱パイプのシステムを介して、一元化された場所で生成された熱を分配するシステムです。熱利用のみのボイラーステーション、地熱暖房、化石燃料を燃焼する熱併給設備、バイオマスまたは廃棄物の焼却など、さまざまな場所から熱源の取得が可能です。低炭素エネルギーを目指す自治体では、化石燃料ベースの暖房システムを、より環境に優しい暖房システムに置き換える動きがあります。ヒートポンプは、スタンドアロンシステムとして、またはその他低炭素加熱技術と接続して組み込まれ、最適な熱生産を実現します。

GEAヒートポンプを使用した地域熱供給の熱源とその活用
地域熱供給システムは、ヒートポンプベースの技術を介してさまざまな用途に対して熱エネルギーを供給するために、広範囲の熱源を使用しています。

核となる専門知識の適用-自然

GEAの地域熱供給ソリューションは、圧縮をコア技術として機能する産業用冷凍スペースにおける世界的リーダーとして長年の歴史と実績があります。従事している産業としては、食品、飲料、酪農、化学、石油化学、製薬、天然ガス、海洋などがあります。

地域熱供給アプリケーションはこうした中核技術にも依存しています。GEAのコンプレッサー駆動ヒートポンプ技術という形でも提供されています。

GEA RedAstrumヒートポンプ
GEA RedAstrumヒートポンプは、地域熱供給システムや産業プロセスで利用されています。

持続可能性への取り組み

土壌の小さな緑を包む手

GEAのサステナブルエネルギーソリューションプラットフォーム(SEnS)は当社の根本を支えるものですが、より良い世界のためのエンジニアリングを支援しており、エネルギー消費量と二酸化炭素排出量を削減するソリューションを提供するという情熱によって推進されています。
さらに、持続可能なソリューションを提供するというGEAの取り組みでは、地球温暖化係数(GWP)が0であるアンモニア(NH3)などの自然冷媒を使用した非常に効率的なヒートポンプ技術の利用が挙げられます。
そのため、地域熱供給に対するGEAのアプローチは、お客様および地球に対する取り組みと完全に一致しています。

詳細および事例

GEAの地域熱供給ソリューションの詳細についてお知りになりたい場合はお問い合わせください。また、以下のThe GuardianおよびAccelerateの記事では、GEAのヒートポンプ技術の活用に基づく地域熱供給の成功事例についてご覧いただけます。The Guardian の記事では、ロンドンの地下輸送システムから出る廃熱が近隣のアパート住宅を暖めるためにどのように再利用されているかをご紹介しています。Accelerateの記事では、下水処理と廃棄物焼却プラントを熱源として利用することにより、スウェーデンの100,000戸の家屋がどのように暖房されているかをご紹介しています。

スウェーデンのマルメに4台のGEAヒートポンプを使用した地域熱供給システムを設置
スウェーデンのマルメにある地域熱供給システムは、4台のGEAアンモニアヒートポンプにより駆動し、約100,000世帯を暖めています。