レールの上の快適な旅

近郊列車、高速列車、長距離列車、通勤列車または路面電車に関わらず、GEA コンプレッサは、特に鉄道で使用される一部の空調システムの心臓部を担っています。 鉄道運転士、乗客、家畜および貨物には、気温と風量を制御して提供する必要があります。

電気車両およびディーゼル車両の車両用コンプレッサと半密閉型コンプレッサ

鉄道駅

屋外の気温に関わらず、車両室内では約 22 °C の気温を常に維持する必要があります。 GEA のオープンタイプ FK シリーズの車両用コンプレッサとガス冷却半密閉 HG コンプレッサは、鉄道輸送における空調システムに最適です。 このコンプレッサは、それぞれ電気とディーゼル機関で動く、電車 (EMU) と気動車 (DMU) に使用できます。 

GEA のコンプレッサはすべて、最高品質標準で設計し、品質と効率を確保するよう製造しています。 運転時の滑らかさと静かさを特徴とし、保守も容易です。 当社の半密閉コンプレッサはあらゆるタイプの鉄道車両や路面電車の空調分野において標準となっています。 当社の車両コンプレッサは、より小型の車両用・機関車用ソリューションに対応します。

鉄道空調用車両 FK40 コンプレッサのビデオ