旅客を快適に涼しくする

今日では、バス運転手と乗客に最適、安全、快適な環境を提供するために、バスに最新式の空調システムを搭載することが標準となっています。

バスの空調システムに使用される GEA 車両用コンプレッサ

バスの空調

効率的で信頼性の高い空調システムは、室外が熱帯の気温や零度以下の気温であろうとも、約 22 °C の気温を常に保つために必要です。 GEA の商用車両コンプレッサは、何千台ものディーゼル駆動や電気モータ駆動の MAN、Evobus、Setra、Solaris、IVECO のバスで空調システムの心臓部を担っています。

GEA の FK シリーズコンプレッサは、軽量、コンパクトで非常に堅牢な設計、広範な速度範囲と高効率の動作性能といった特徴を備えています。 FK 40 コンプレッサ、FK 50 コンプレッサは、ディーゼル駆動のバスでの使用に最適です。 2 気筒、4 気筒、6 気筒コンプレッサが利用可能です。他にも多くの設計バージョンがあり、個別の要求に応えてカスタマイズ可能です。

GEA はまた、トローリー、ハイブリッド、電気モータ駆動バスの車両空調システムについて、持続可能性が高く、効率的な半密閉コンプレッサの広範なシリーズを提供することもできます。 吸気ガス冷却 HG シリーズは、滑らかで静かな運転、容易なメンテナンス、高い効率、信頼性を示しています。アルミニウム製軽量バージョンもあります。

バス空調システムの機能性についてビデオ