微粉末処理

吸入は肺疾患で好まれることが多い薬物投与方法で、ワクチンや他の生物学的薬品の投薬について患者と医療専門家の双方に多くの利点を提供します。

吸入可能な微粉末

抗喘息薬品など多くの吸入製品の有効成分は肺気道の筋細胞に作用します。しかし、このような薬品は粒子が吸入者の体内で凝集すると効果がなくなることがあります。さらに、乾燥粉末エアロゾルが口咽頭腔に―および吸入者の体内に―粒子状物質を堆積させるのを防ぐために、投与された粒子は幾何学的な径が 1 ~ 3 µm で質量密度が約 1 g/cm³ でなければなりません。  

吸入された薬は、通常、等張塩分溶液などの水溶液系で分解され、噴霧された分子を得るために、高圧でエアロゾル化されます。溶液は単段プロセスを使用して 500 ~ 1000 バールで均質バルブに通され、その間に半固形粒子は液体の中に分散します。 

高圧均質化によって平均的な大きさ以上の粒子のサイズを小さくすることができ、沈降速度の減少の結果、懸濁液をより安定させます。さらに、生体リスクを除去し、刺激物への耐性を向上させ、また、処理された生成物の清澄性と透明度を向上させます。

広範囲な高品質均質化装置とともに、GEA はまた、吸入可能製品 (乾燥粉末および懸濁液) の生産のための生産規模の混合、ブレンド、噴霧乾燥および微粒子化ソリューション、さらに容器サイズ寸法からバルブおよび 3D の配管・計装図面まで、また研究開発からフルスケール生産まで、適切なプラントの設計およびレイアウトに関する無比のレベルの専門的技術も提供します。