錠剤コーティング

コーティングは医薬品生産で色の変更、保護の付加、矯味、徐放性形を作るために使用される重要な単位作業です。GEA は、粒子、粉末、細粒、結晶、ペレット、および錠剤の一般的に使用されるコータシステムだけではなく、いくつかの斬新なシステムも提供できます。

コーティング技術

GEA は粒子、粉末、細粒、結晶、ペレット、および錠剤のコータシステムの確立されたサプライヤで、一般的に使用されるコーティング技術の多くに使用される装置を提供し、お客様のニーズに最適のプロセスの選択を支援することができます。 

お客様の用途に当社のソリューションを

コーティングは、非機能性または機能性コーティング (美的、保護、または速度制御ポリマフィルム) の適用および API (active pharmaceutical ingredient:医薬品活性成分) のノンパレル (多粒子剤形) への堆積を行うために医薬品産業で広く使用されている重要な単位作業です。用途には矯味、色の変更、物理的保護および/または徐放性形を作ることがあります。

正確で、制御されていて、確実

多粒子システムの効果的なAPI積層技術以上に、医薬品産業は API で長さ 3 ~ 30 mm (単一形固体製剤形の最も一般的なサイズ範囲) の目的物を正確にコーティングするという固有のニーズがあります。これらは経口投与と他の放出方法 (人体への移植など) が含まれます。このサイズ範囲の既存のコーティング方法は、特に低用量 API の単一形錠剤製剤形への堆積について、コーティング速度および精度/均一性制限があります。

流動床からシングルポット、連続へ

利用可能な技術には、粉末、細粒、シード、結晶、ペレット、および小さな錠剤など小型粒子流動床コーティング、実績のある流動床技術を使用して造粒、乾燥およびペレットコーティング (または錠剤コーティング) を達成する汎用処理装置、吸湿性があったり砕けやすい場合でも制御された量のコーティング剤を正確に錠剤に堆積する革命的な錠剤コータが含まれています。