連続直接打錠

費用効果が高く、コンパクトで生産高の多い生産ラインの GEA ポートフォリオのなくてはならない部分である ConsiGma™ CDC は広範な固形製剤製品にロバストで柔軟な製造方法を提供しています。

ConsiGma™ CDC

添加剤サプライヤが、圧縮特性が改善されたより良い原料や直接打錠のために設計された CO 処理材料を開発するなかで、GEA は進化した製造装置を提供しています。ConsiGma™ CDC は 1 台の機械に品質管理が内蔵されている完全な錠剤生産設備です。これは分配から圧縮までのすべての製造ステップを 1 つの GMP システムに組み合わせています。取り扱いや貯蔵によってブレンドされた材料の分離の問題をなくし、より広範な製剤を直接打錠する、GEA 独自の拡張した滞留圧縮技術を採用しています。

このスマートな研究開発および産業規模システムは正確な供給、連続ブレンド、統合圧縮技術を空気補正器と組み合わせ、滞留時間の拡張と制御を行い、CQA (critical quality attribute: 重要品質特性) のオンライン測定を行い、錠剤の変動性を最小限にしています。別個の分配エリア、ブレンドエリア、中間貯蔵の必要がないので、供給、ブレンド、圧縮の閉じた結合によって分離の心配がなくなります。ConsiGma™ CDC は単一の統合システムでの費用効果の高い錠剤生産を象徴しています。

4 つの技術革新が 1 つのソリューションに

CDC は供給、ブレンド、PAT および圧縮の 4 つの統合された技術革新を 1 つのソリューションで提供しています。スペースと費用の低減ができ、4つの技術革新が 1 つのソリューションの中に統合され、組み込まれた品質保証および統合管理のある ConsiGma™ CDC は、PAT に対応する (Lighthouse Probe)、閉ループ制御システムを持つ革新的な連続直接打錠ソリューションです。成長市場においては、歩調を取って利益を生む可能性は巨大です。CDC は売り上げおよび EBIT (earnings before interest and tax: 金利税引前利益) に実質的な影響を与えるでしょう。

そして、FDA はすでに連続加工を促進しており、クライアントはソリューションを待っています。好機はすでにそこにあります。今がその時で、市場は準備されています。そして ConsiGma™ CDC の使用によって、お客様はまさにクライアントが必要としているものを提供することができるのです。