スタータ培養

スタータ培養物は、文字通りすべての人の口に入るものです。役に立つ微生物は、食品業界で最も多様性のある分野で活用され、プロバイオティクス栄養サプリメントとしても知られます。その例として、酪農、食肉および製パン業、発酵野菜の製造、ワインおよびビールの製造および動物飼料業界などが挙げられます。スタータ培養物は、予測可能で再現性のある品質と生産量を実現するために、未定義の実験的に生産された種から栽培されます。

スタータ培養物の製造は 2 つのセクションに分けられます。発酵槽での栽培の後、細菌を加工して発酵溶液から分離する必要があります。これは、栽培した乳酸菌と、作り出された乳酸など培養液の残りの部分で構成されます。まず初めに、微生物は液体層から分離されて濃縮されます。加工のこの段階には、蒸気滅菌設計のノズルと自己洗浄ディスク分離器を利用できます。その後、濃縮された乳酸菌は凍結乾燥機に渡されます。最後に、培養物は酸素排除の状態で梱包され、低温保管されます。この処理により、たとえばプロバイオティクスヨーグルトの「生きた培養物」など、加工前に何か月も効能が持続します。

無菌状態と細心の処理

経済的で信頼性が高く、効率的な処理には、生きた微生物を慎重に扱い、滅菌と高い効率性の分離を実現することが前提条件となります。したがって、この製造プロセスに採用される GEA の分離器には、製品が容器に入ったときのせん断応力を最小限に抑える水密製品供給システムが装備され、細胞の高い生命力を約束します。