医療用茶と特製ジュース

何世紀も前には、タンポポやイラクサといった植物が、ハーブ料理や薬の固定成分でしたが、その後忘れ去られてしまいました。それが今、感動的なルネサンスを経験しています。健康増進飲料または「栄養補給食品」の形のこういった飲料カテゴリは、「特製ジュース」なしでは語れなくなりました。この分野でも、GEA の分離器とデカンタは、有効成分が豊富に含まれたジュースの優しい生産において重要な役割を果たします。

原点に立ち返る

イラクサとタンポポは、天然ミネラルが特に豊富で、貴重な微量元素を含んでいます。イラクサジュースには利尿作用があり、血液を浄化すると考えられている一方で、タンポポのジュースは主に消化を助け、代謝を促進する飲料と見られています。特製ジュース全体の中で約 30 種類が有名で、医薬製品としてライセンスも与えられています。デカンタと分離器の作業が組み合わされてジュースが得られます。植物は徹底的に洗浄された後、まず刻まれ、湯通しして漬け込まれます。絞り出しプロセスの間、GEA のデカンタは、分離器が細かい浄化を行う前に、ざらざらした固体を優しく分離します。その後ジュースは低温殺菌されて瓶詰めされます。その結果、基本的な有効成分を全く失っていない最高クラスの品質のジュースになります。