プロバイオティクス製品

プロバイオティクス食品と飲料に関連付けられた気分を良くする要素は、この製品の市場を刺激しています。GEA は、発酵プロセスからスタータ培養技術まで、さらにはプロバイオティクスヨーグルト飲料やその他の製品を製造するための高圧均質化技術までを提供します。

微生物食品培養物の生産

微生物食品培養物 (MFC) は、生きた細菌、酵母およびカビで、ザワークラウトや醤油などの発酵野菜食品からチーズやヨーグルトに至るまで、さまざまな人間用および動物用食品の製造に使用されます。スタータ培養物は MFC が調合されたもので、風味、味、色、質感および栄養価を高める一方で、プロバイオティクス培養物は、健康に良い生きた微生物です。しかし、何億個という微生物を生きたままに保つには、細心の注意が必要になります。

スタータ培養

メーカは多くの場合、個別の微生物菌株を作りたいと考えます。しかし、数百種類のプロバイオティクスおよびスタータ培養物が製造される中で、メーカで使用する機器が、二次汚染防止に役立つことが重要です。生産の出発点は、通常、高度に濃縮され、凍結された状態で供給される「母培養菌」です。

発酵

研究室では、その濃縮物を使用して予備培養溶液が作られ、培養発酵槽および予備発酵槽で成長およびスケールアップさせてから、数千リットルの容量で稼働する全面的な発酵段階になります。

分離

発酵槽での培養の後、培養を行った発酵溶液から無菌状態のもとでバイオマスを丁寧に分離する必要があります。微生物は生きているときにだけ効果を発揮するため、この段階には細心の注意が必要です。分離段階でのせん断応力は微生物を損傷する可能性があります。濃縮された細胞は、その後凍結または噴霧乾燥されてからペレット化されます。

凍結乾燥

次の手順で最も一般的なのは、スタータ培養物の凍結乾燥です。凍結されると、培養物は長期にわたって生き残ります。この処理により、最終的な梱包の前に、具体的なスタータ培養物のレシピに基づいて、後日個々の培養物をブレンドできるようにします。

噴霧乾燥

プロバイオティクス製品の場合、メーカは一般的に次の段階として流体層乾燥に噴霧乾燥器を選択します。細菌の水分含有量を減らせば、その生存率は高まります。

ペレット化

乳製品用途では、濃縮された培養物が即座に凍結されるように、分離器から液体窒素に直接入れることができます。その後、小型の丸薬に加工され、凍結された形で梱包および保管されます。