ホメオパシ療法

Samuel Hahnemann により 1796 年に作り出されたホメオパシは、大量に服用すると同じ条件の症状が現れる、天然物質をごく少量服用することで、重篤ではない慢性疾患を治療する補完または代替薬のシステムです。

重病には重病の治療をという原則

重病には重病の治療を (毒を以て毒を制す) といった基本原則に基づき、健康な人が服用すると病気の症状を引き起こす物質は、病気の人には治療と同様の症状になることを示しています。この実践は長い間、フランス、ドイツ、オランダ、イタリア、スイス、ポルトガルなどヨーロッパの一部の国の医療システムに取り入れられてきましたが、特に英国および米国ではその市場が拡大しつつあります。

ホメオパシ療法は、喘息、アレルギー、皮膚炎、リウマチ性関節炎、過敏性腸症候群、精神的な健康上の問題といった広範囲の長期疾患の他、切り傷、擦り傷、筋肉の張りや捻挫などの軽傷の治療に向けて、その商品を量販店で見かけることがますます増えています。典型的な成分として、動物、野菜や鉱物由来の物質を希釈して服用することがあるため、穏やかで環境に優しい薬だと考えられています。 

GEA のソリューション

GEA は製造の観点から、豊富な造粒機器およびペレット化機器を提供する他、粉末の処理、混合およびブレンド技術、カプセル充填用に設計された粉末向けの機械の幅広い選択肢を提供しています。当社は経口固形製剤医薬品や栄養補助食品業界のお客様のために、設計サービス、加工プラント全体およびスタンドアロンの機械を提供しています。

計量、注入および排出機器から押し出し機に至るまで、また、流動床加工機や高せん断造粒機から回転式錠剤プレスおよびコーティング機まで、GEA は一括継続およびシングルポットシステムをはじめとした、幅広い造粒ソリューションや乾燥ソリューションを提供するための技術、経験、専門知識を有しています。さらに、液体ベースの用途において、ろ過、分離および遠心分離に関する当社の知識はどこにも負けません。また、必要であればプロセスおよび製品開発もお手伝いいたします。