ホルモンとステロイド

ステロイド、エストロゲンおよびテストステロンのような性ホルモンまたは副腎皮質のルモンなどの内因性ホルモン、コルチゾールおよびアルドステロンは代謝過程で主要な役割を果たし、ホルモン療法、抗リウマチ、抗関節炎およびボディービル調剤を含む数多くの医薬品用途があります

現在約 36 億ドルの価値がある、世界中のホルモン補充療法で主に使用される 3 つの主要なセグメントは、エストロゲン、成長ホルモンと甲状腺ホルモン、およびテストステロン補充療法で構成されます。市場を動かす大きな原動力は女性の更年期障害についての高まる意識です。他には高齢化、革新的な薬物送達システム、および医薬品新興国市場の経済などがあります。

主に、コレステロールをベースとしたステロイドホルモンは、内分泌腺で合成され、標的組織に血液で運ばれます。作用部位に到達すると、極めて特定の細胞の受容体とドッキングし、タンパク質形成に重要な機能を果たします。人体外部で製薬用のステロイドホルモンを作るには、特別な培養液から直接抽出する手順が使用されます。

逆流液液抽出

GEA の連続直接抽出では、発酵培養液が逆流プロセスでの液液抽出により処理されます。沈殿、濃縮、結晶化および抽出物の乾燥の後、ステロイドホルモンは生塩の形で利用可能で、製薬業界はそれに応じた加工が可能です。連続直接抽出プロセスでは、発酵培養液は、逆流液液抽出プロセス(溶媒抽出または分割とも呼ばれる) を経ます。沈殿、濃縮、結晶化および乾燥の後、抽出されたステロイドホルモンは生塩の形で利用可能で、製薬業界はその後の加工が可能です。

設備の設計およびレイアウト、製造プロセスの制御 (標準運用手順の順守を含む) および環境制御システム (HVAC) から抽出システム、産業衛生ソリューションおよび完全に統合されたエンドツーエンドの閉じ込めソリューションまで、GEA にはステロイドおよびホルモンベースの用途向けエンドツーエンド製造ラインを実装および最適化する経験とノウハウがあります。