抗生物質の抽出

細菌感染と戦い、細菌を殺したり、その成長を遅らせる合成物質または薬物である抗生物質は、感染性疾患と戦う薬品の最も重要なグループの 1 つです。医薬品の総消費の約 13 % を占める抗生物質は、医薬製品の中で最も高い市場シェアを持っています。

液体ベースの用途の場合、製薬業界では発酵ブロス液から抗生物質を抽出します。GEA は、このプロセスを簡単に行えるようにする特殊なデカンタでサポートし、環境にも優しい効率的な直接抽出ソリューションを提供します。

抽出プロセス

抽出は、本質的には混合と分離という 2 つのプロセスで構成されます。GEA は、1 台の機械で 2 つのプロセスステップを組み合わせ、有効成分の抽出を確実に行う、特許取得のデカンタを開発しました。

このデカンタにより、固体成分が多く含まれた懸濁液を加工でき、培養液 (大抵は、菌糸体が多く含まれる) からの抗生物質の直接抽出に適するようにします。これまで重要だったろ過ステップは不要になり、プロセスを継続できるだけでなく、ろ過に頻繁に関連付けられる貴重な材料の損失も回避します。

直接抽出の利点

従来の逆流抽出に比べて最大 98% の合計生産量の増加を実現する直接抽出は、コスト効率が極めて良い (ろ過支援が不要な) 方法でもあります。発酵ブロス液自体は、ろ過洗浄水では希釈されず、溶液要件と感染リスクをどちらも低減します。さらに、最適化された手順により、排水汚染と実際に発生する排水量も低減します。

GEA のソリューション

新製品でもたらす革新、高レベルの研究開発投資および製薬業界のニーズにけん引されて抗生物質耐性の問題が改善され、抗生物質市場は継続的な成長を見せると見込まれています。研究開発規模の製造装置やスタンドアロン製造装置から運用信頼度を最大限にする完全に統合されたプロセスラインまで、GEA は抗生物質、抗菌物質、および抗感染薬の産業規模生産の装置とソリューションの全範囲を提供します。