静脈と静脈内乳剤

生命科学分野において、静脈と静脈乳剤は、患者が食糧を消費または栄養を受け付けないとき、血管投与による栄養療法用に使用できます。

乳剤は、油、乳化剤および蒸留水の連続相でバランスの取れたアミノ酸のブレンドで構成されます。深刻な副作用を防ぐため、および乳剤の身体の安定性を高めるために、油の小滴のサイズは小型に保つ必要があり、通常 0.6 μm 以下、平均サイズは約 0.2 μm 以下です。 

高圧、複数パスの均質化により、狭いサイズ分布と微小粒子サイズ乳剤が生成されます。均質化製品は、その後ろ過され、110 °C で高圧滅菌され、全体の粒子サイズがさらに縮小します。

GEA では、2 相均質化バルブが装備された、600 バール用途に設計されたホモジナイザをお勧めします。3-A 衛生標準および米国 FDA と cGMP ガイドラインの両方に完全に準拠した GEA のホモジナイザは、無菌および非無菌の使用に適していて、柔軟性、信頼性、設置と保守の容易さを実現するように設計および建造されています。

さらに、GEA は、パイロット規模、研究開発作業向けの研究室用凍結乾燥機や、産業用途凍結乾燥機や完全な凍結乾燥システムなど、静脈用製品加工用の幅広い凍結乾燥製品およびサービスを提供します。