リポゾームソリューション

薬物伝達システムとして、リポゾームには有効成分の標的指向性と制御放出に関して大きな治療上のメリットがあります。疎水性鎖はリポゾーム膜 (脂質二分子膜) に溶解でき、疎水性と親水性の両方の分子を運ぶために使用できます。

分子を作用部位に届けるには、リポゾームが細胞膜など他の膜と結合および融合し、その成分が届けられます。薬液でリポゾームを作ることで (通常は膜を貫通できない)、脂質二重膜を通して (無差別に) 細胞内部に届きます。

高圧均質化は理想的なリポソーム生産方法で、小さくなったベシクル径に関して優れた結果になります。さらに、さまざまなサイズと広い範囲の分布は、適用する圧力と、ホモジナイザの通過数を変更することにより実現できます。 

リポゾームを含む幅広い製品は、凍結乾燥により元の特性を保持できます。水または他の溶液を追加することで、使用可能な溶液に簡単かつ迅速に再構成できます。貯蔵中に冷却する必要はなく、このことも高いコスト効率と簡単な扱いにつながります。 

GEA は、製薬およびバイオ技術業界向けの凍結乾燥機の設計と製造に特化し、凍結乾燥技術の詳細な知識を持っています。