液剤の CIP および SIP

CIP (clean-in-place: 定置洗浄) および SIP (sterilize-in-place 定置滅菌) システムは、あらゆる品質重視の製薬製品の製造において最重要部分です。

GEA は、クライアントの極めて具体的な要件に個別に適合する高性能洗浄および滅菌概念を提供します。

GEA では、各プラントでの最大限の洗浄効果を得るために必要な CIP 洗浄容器が 1 つなのか複数なのかを確認します。洗浄手順は、特に製造する製品の種類を考慮しながら設定されます。

移動式または定置型洗浄システムから、中央ユニットから調整済み洗浄媒体による供給を受ける CIP サテライトに至るまで、プロセスに合わせた特別なソリューションを多岐に渡って用意しています。滅菌液剤製品を製造するための前提条件は、ループおよび機械システムが常に滅菌されていることです。製品に接するすべての機器が、マニュアルに記載されている高温媒体による温度制御滅菌手順に従うことが必要不可欠です。

滅菌生産には滅菌プラントが必要です。製薬業界では、定置滅菌はほとんどすべての場合に圧力 1 バールの飽和蒸気で行われます。滅菌後、蒸気に接したシステムは冷却する必要があります。冷却は、無菌の空気をシステムに吹きつけて行い、容器を処理する場合はジャケットを介した冷却システムが作動します。

SIP プロセスが完了すると、すべての繊細なコンポーネントを確認して、正しく動作して整合性が取れているようにする必要があります。この確認は、無菌ろ過に使用されたフィルタの場合には特に重要です。

GEA には、ほとんどすべての作業での滅菌プロセスに関する豊富な経験があります。安全な生産ラインと関連プロセスへの安全な接続ポイントまたは充填機械は、効率的で時間を短縮する手順とともに非常に重要です。