均一化による大腸菌溶解

経口ワクチンから免疫調整やバイオ技術および製薬研究、開発と分析における幅広い用途の提供まで、細菌溶解物は生命科学業界で広く使用されています。たとえば、超音波処理、均一化、酵素溶解および凍結 / 製粉を含む大腸菌 (E. coli) 細胞からの細胞溶解物の調整にはさまざまな方法が使用されます。

ただし、大量のバクテリアを溶解するには、ホモジナイザが最も一般的に使用される機器です。細胞懸濁液は、高圧で均一化バルブの分オリフィスを通して汲み上げられ、その後、懸濁液への圧力を突如解除して、結果として得られる即時膨張で乱流と液体せん断が高圧と結びついて細胞を破壊します。

このプロセスでの主な破壊要素は、サンプルに適用された圧力と、その後のバルブにおける圧力低下です。これにより、衝撃とせん断応力が作り出され、動作圧力に比例して細胞が破壊されます。

他の方法に比べ、均一化は便利かつ効率的で、高い細胞破壊比率を実現します。最新の GEA ホモジナイザは連続して稼働可能で、高い動作圧力で大量の細胞を加工でき、デオキシリボヌクレアーゼ (DNase) を細胞懸濁液に追加する必要はありません。

標準的な用途に推奨される圧力は、単一段階ホモジナイザで 600 ~ 1000 バールで、適度な溶解を実現するには、一般的に複数パス (2 ~ 3) が必要です。処理圧力を高くすると、動作温度が高くなるので注意が必要です。したがって、泡立ちによってタンパク質が不活性化しないように、細胞を使用前に冷却 (4 °C) する必要があります。

壊れやすい細胞培養を優しく扱うための発酵槽、分離器、デカンタおよびクロスフローろ過技術も GEA の製品から利用できます。当社では、生きている微生物の慎重な扱いを熟知しており、滅菌と効率性は、経済的で信頼性が高く、効率的な処理の前提条件です。