モノクローナル抗体 (mAb) の製造

GEA は、診断目的および治療目的のモノクローナル抗体 (mAb) などの製品の製造のための発酵プラントをはじめ、製薬およびバイオ技術業界の液体処理および計量向けの加工機器の分野で世界をリードする専門企業です。

モノクローナル抗体は、細胞表面の特定タンパク質を目標にすることで作用するため、ターゲット化治療として知られます。癌、腫瘍やその他の深刻な疾患の治療に有効活用されるモノクローナル抗体は、他のバイオ医薬品と比較して比較的大量の投与を必要とするだけでなく、従来から大量生産機器 / システムおよび設備を必要とします。GEA は、特定の細胞培養により、最先端のステンレススチール製バイオリアクタで製造されるモノクローナル抗体のための生産システムを提供します。

培養から採取まで

細胞培養プロセスは、10 L の予備培養から始まり、引き続き中間一括培養を経て最大 20,000 L の最終生産まで、いくつかの手順で行われます。これらのシステムは、中核要素としての攪拌機付き容器、温度制御システムなどの周辺機器、CIP (clean-in-place: 定置洗浄) コンポーネント、酸素供給およびガス抜きシステム、入力システムと自動センサ、アクチュエータおよびオペレータインタフェースで構成されます。 

メディア調合および採取システムなどのサポートプロセスも GEA の製品で利用できます。採取ステップのための分離器およびろ過器のプロセス統合も、GEA のサービス範囲内です。細胞の高い感度とオペレータおよび製品の安全性を必要とするため、GEA のあらゆるシステムコンポーネントは最新の基準に従って設計され、極めて高い最終品質を実現しています。