船上における廃水処理

廃水は、その起源が自治体か産業界かにかかわらず、すべてが廃水処理プラントにたどり着きます。現代の巡航船上で発生する廃水にも同じことが当てはまります。GEA は、1 世紀以上にわたって培った海洋部門向けシステムおよびソリューションの開発における専門知識とイノベーションに基づいて、巡航船上で現在使用されている廃水処理技術を提供しています。

MBR デカンタによる最大限の汚泥脱水

GEA の分離器およびデカンタは、一般的に、燃料油および潤滑油の処理や、船上におけるビルジ水、汚泥、バラスト水の処理に使用されます。当社のデカンタ向けについ最近開発されたのが、海洋用途における廃水処理です。この海洋ソリューションは、処理済みの水を活性汚泥から分離するために何年にもわたって使用されている膜バイオリアクタ (MBR) システムに基づいています。このシステムがあれば、沈殿タンクは必要ではなくなります。船上では、膜ろ過された余剰活性汚泥は、GEA UCD 305 MBR デカンタを使用して脱水されます。このデカンタは、1 時間当たり最大 9 立方メートルの汚泥を処理可能であり、巡航船にとって理想的なサイズです。

膜バイオリアクタ技術

膜バイオリアクタは、微細な余剰活性汚泥を生成します。これは、代替技術を使って得られる粗い汚泥と対照的です。MBR デカンタは、高い処理能力でこの均質の細かい汚泥を最大限脱水できるように特別に設計された機能を備えています。このデカンタは、サイズが小さいうえに操作が非常に簡単で、調整によって廃水含有量の範囲を操作できます。  MBR デカンタは、あらゆるタイプの船舶に対して、十分に試行されたシステムを提供します。