ペンギンやシロクマのための霜の家

動物園や動物関連施設に行くのは大人も子供も皆大好きです。希少動物の繁殖や研究を行う上で、動物園は重要な役割を果たします。GEA は、フランスの Océanopolis などの施設で効果的な冷凍技術を提供するなどして、動物園にいる動物達の幸せな生活の維持の一翼を担っています。

動物園およびテーマパーク向け製氷機

Océanopolis 内のアドベンチャーワールドには、熱帯の海、温暖な海、極地の海を表す展示エリアがあります。GEA のフレーク氷製氷機は極地の海エリアで使用されており、1 日に最大 3.5 トンの氷を製造します。2 台の装置で製造された氷は、容量 4 トンの氷貯蔵領域に保管されます。製造された氷がペンギンの飼育エリアで使用されるまでの間、氷はここに保管されます。

GEA の空気コンベヤシステムによって、この貯蔵領域からペンギンのところまで、長さ 40 メートルのパイプを通って氷が運ばれます。運ばれる際、氷のフレークが互いに擦れ合って砕け、より小さな氷片になるため、氷の品質がさらに良くなります。ペンギンの飼育エリアに到着するころには、ペンギンが快適に歩くのに十分な細かさの氷になっています。