砂あらしの代わりににわか雪を

砂漠でスキー ? GEA の冷却および冷凍技術を利用すれば、最も暑くて乾燥した地域の人々も家の近くでウィンタースポーツを楽しめます。

中東初の屋内スキー場である Ski Dubai は、ドバイ (アラブ首長国連邦) の中央に位置し、あらゆるレベルの技能に対応する 5 つのスキー場を有する 22,500 平方メートルの雪面をスキーヤーに提供しています。ここには、初心者向けのスキースクール、スノーボーダー向けの 90 メートルのハーフパイプ、さらに、そり滑りや雪だるま作りをするだけの穏やかなアクティビティ向けのスノーパークなどもあります。屋内と屋外の極端な温度差は、厚さ 5 メートルの壁によって屋内スキー場が巨大な冷蔵庫として効果的に建設されていることを示しています。3 台の GEA Grasso スクリューコンプレッサが、 冷凍プラント全体の重要なコンポーネントを構成しています。 

スキー場を作り出す人工の寒さ : 外は夏だからこそ、冬の楽しみを

GEA は、産業用途向けフレーク氷の製造におけるスペシャリストとして名を成し、その専門知識を人工雪の製造にも活かしました。たとえば、モスクワにある屋内スキー場 (Moscow Snowdome) に、1 日あたり 150 立方メートルの雪を製造する GEA Snowline スノーキャノンを 3 台設置しました。実際には、添加剤を使用せずに砕氷によって雪が形成されます。前もって製造し、屋内スキー場の近くに山積みにしておいた人工雪を、柔軟なホースを使って 100 メートルの距離までまき散らすことができるので、雪が必要なゲレンデ上のどんな場所にも雪をまくことができます。でこぼこの雪面を埋めたり、翌日のイベントのために傾斜を準備したりすることも可能でしょう。 

Snowline は、屋内屋外を問わず、氷点以上の温度で使用できます。たとえば、ブリュッセルの近くにある ベルギースキーリゾートでは、プロのスノーボーダーやスキーヤーが 夏の温度 20°C / 68°F の屋外で Snowline の雪を試しています。使用されるスノーキャノンは、1 日あたり 50 55 立方メートルの雪を製造します。これは、たった 3 ~ 4 日間で 1000 平方メートルの面積を深さ 20 センチメートルの雪で覆うのに十分な量です。