スケートリンクのホットな話題

ここ数年でアイススケートは人気のスポーツになりました。エネルギー節約も可能な信頼できる最先端の GEA の冷凍技術は、世界中の革新的なスケートリンクのまさに基盤となっています。

アイススタジアム向け GEA ソリューション

この分野における GEA の技術的専門知識が最も明白に現れているのがオランダです。オランダでは、アイススケートは何百年にもわたって伝統的なスポーツです。

GEA は、オランダ初の 400 メートルのスケートリンクを設計および建設しました。このリンクは 1961 年にオープンし、有名なオランダ人スピードスケート選手 Jaap Eden の名前が付けられました。Jaap Eden リンクは、鋼管網内の液体アンモニア (NH3) の蒸発を利用した直接システムで冷却される世界初の 400 メートルリンクでもありました。この直接システムは、その当時、冷媒 R22 を使用する従来式の間接的な冷却システムと比べて、22 25 % のエネルギー節約を実現しました。また、このシステムは、温度が均一な滑走面を提供することもできました。1989 年には直径がもっと小さいパイプが設置され、必要なアンモニアの量が 50 % まで削減されましたが、このシステムの背後にある主要なコンセプトは現在も使用されています。

2004 年には、またしても GEA の技術チームが、ハールレムに 1970 年に建設された 400 メートルの屋外円形式 Kennemerland Rink の冷却システムを、液体二酸化炭素を使用する近代的なシステムに変えました。このシステムは、さらに進歩した滑走面を作り出しました。経験豊かな GEA の技術者は、この近代化プロジェクトにおいて、既存の鋼管、ポンプ、蒸発コンデンサ、およびピストンコンプレッサをさらに活用するために残し、必要な技術を取り入れることで、何とかして時間と費用を節約しました。追加されたシステムは、アンモニア/二酸化炭素カスケードコンデンサおよびコンプレッサなどでした。

さらにもう 1 つの例は Eindhoven IJssportcentrum です。この施設には 3 つのスケートリンクと暖かいアイスホッケー場、そして 8,400 平方メートルの滑走面があります。この施設は、総定格 2.8 メガワットの 7 台の GEA コンプレッサを使用しています。円形のスケートエリアの冷媒にはアンモニアを使用し、アイスホッケー場の氷面下にはグリコールを使用しています。