マニキュアとネイルラッカー

大部分のマニキュアまたはネイルラッカーは、硝酸セルロースを液化し、最終製品に適切な材料特性を与えるために着色顔料および樹脂や増粘剤などの他の要素を追加することにより製造されます。ベントナイトは、例えば着色剤の安定した懸濁液を作るために防水剤として利用できます。

均一に分散された着色剤

マニキュア製造の重要な手法は均質化ですが、これには主な用途が 2 つあります。1 つ目は、着色剤の分散がより均一になるように粒径を減らすためにプロセスを利用できることです。2 つ目は、最終製品を塗りやすくするために適切な密度と粘度にできることです。

GEA の高圧均質化技術は、よりしなやかで伸びが良くなるようにし、製品質感の最適化に関して大きな利益をもたらします。さらに、この利益は色濃度に関して得られます。粒径の減少により、光屈折の結果として、顔料粒子に輝きと明るさの両方を与えます。

研究室での検査は、いくつかの重要な製造パラメータが考慮される限り、高圧均質化がこれらの効果を保証できることを示しました。パラメータとしては 850 bar の圧力が必要で、ホモジナイザを 1 回または 2 回通過する二段階の手順が必要とされます。