うがい液とマウスウォッシュプロセスソリューション

口をすすぎ、うがいをするために利用される液体として定義されるマウスウォッシュまたはうがい液は、息を爽やかにしたり、歯から食べかすや歯垢を取り除いたりするように調合された非無菌水溶液です。多くの場合歯磨き後に利用され、これらはすっきりする日常的な口中衛生習慣の一部を成します。さまざまな消毒剤と虫歯予防剤は、歯肉炎、口臭、および虫歯の原因となる細菌を減らし、口の匂い消しの役割を果たし、歯を白くするのを助けさえします。

混合、ブレンド、液体フローコンポーネント

マウスウォッシュは通常、希釈液、抗菌剤、せっけん、香料、および染料から成ります。大部分のマウスウォッシュの主成分は水、つまり希釈液で、処方全体の 50% 以上を占めます。水は、最終的な風味に影響する可能性のある、さまざまな粒子とイオンを取り除くために脱イオン化されます。アルコールも希釈液 (処方の最大 20%) として利用できます。 

多数の抗菌剤がマウスウォッシュの処方に利用されています。これらにはチモール、ヘキサクロロフェン、低濃度のエッセンシャルオイル、塩化チモール、および第 4 級アンモニウム化合物などの成分が含まれます。フェノール系防腐剤には、抗菌作用と心地よい風味の両方があります。揮発性油から得られるチモールは、低濃度で他の成分とともに利用されます。ヘキサクロロフェンは、長持ちする処方に適した口内粘膜に対して有効です。第 4 級化合物は、非毒性と刺激のない性質、および歯垢に対して有効であるために利用されます。

消費者受容性を高めるために、色と風味が処方に追加されます。また、一部の処方には、追加の泡と向上した洗浄作用を提供する合成洗浄剤が含まれます。

GEA の市場をリードする標準のカスタマイズ可能な混合とブレンド技術、液体処理フローコンポーネント (ポンプ、バルブ、および製品回収システム)、および CIP (clean-in-place: 定置洗浄) ソリューションは、マウスウォッシュとうがい液を製造するための主なコンポーネントです。 

衛生設計は、GEA エンジニアリングコンセプトの核心です。これは、あらゆるプロジェクトの設計段階の初期に考慮され、プロジェクトの実施および設置の期間にわたり慎重に従われます。さらに、GEA HPC 処理ラインのあらゆるコンポーネントは最も厳密な衛生基準を満たすように設計され、安全な操作、信頼性の高い製品品質を保証します。