液体パーソナルケア製品の衛生処理

GEA は、コンポーネントから機器および完全なプロセスラインまで、パーソナルケア製造プラントで利用される、幅広い液体処理ソリューションを提供しています。

物理、化学、および微生物学的要件を満たし、維持するためのパーソナルケア製品の要件が増すにつれ、衛生、信頼性、および柔軟性に対する需要も増します。GEA パーソナルケア処理ラインのコンポーネントはすべて、最も厳密な衛生基準を満たすように設計され、安全な操作、結果の再現可能なセキュリティ、信頼性の高い製品品質を保証します。 

衛生的であることに加え、今日の製造装置は完全に信頼でき、市場需要の変化に適応し、お客様が新製品を開発し、安全かつ迅速に市場に投入するための革新を可能にする安全なプラットフォームを提供する必要があります。cGMPs (Current Good Manufacturing Practices: 医薬品適正製造基準) に準拠しているだけでなく、GEA は革新者、つまり他社が目指す基準を推進することにより市場をリードする企業としても知られています。

30 年以上の衛生および無菌プロセス設計における経験を持つ GEA は、微生物学的安全で高品質の消費者製品を実現するための要件がすべて満たされることを保証します。このため、弊社の加工装置は、EHEDG (European Hygienic Engineering & Design Group: 欧州衛生工学設計グループ) による認証を受けています。

加工装置

ポンプ: GEA は、遠心分離器、自給式および回転ピストンバージョンを含むさまざまなポンプを提供しています。この技術は、流路にデッドスペースがない状態にし、製品を均等にゆっくりと搬送し、高い製品品質を保証し、利用するエネルギー、水、原材料を最小限に抑えるように特別に設計されています。 

バルブ: すべてのパイププロセスプラントの中核となるコンポーネントである、GEA の各種バルブは信頼性、効率性、容易な保守、およびライフサイクルコストの低さに関して羨望に値する評判を得ています。その経験、プロセスに関する知識、およびグループノウハウを生かし、これらの最善の技術を設計段階でまたは組み込みコンポーネントとして統合することで、GEA は最先端プラントを建設し、保守できます。

直列プロセス接続 弊社は、さまざまなデッドレッグのないプロセスコンポーネント、プラント装置をクローズドシステムに変換するマトリックス配管、製造プロセスの透明性を保つための制御機器とセンサ、CIP/SIP システム、および GEA の VARINLINE® 直列制御および測定技術を提供しています。これにより、標準化された加工モジュールと容易に組み合わせられる、幅広い高度な加工コンポーネントを提供できます。 

タンク安全装置: 処理タンクの安全性、衛生、効果的な洗浄、および過度の圧力や真空からの保護は、HPC 産業において最も重要なことです。GEA は、最適なプラント可用性と製品品質および再現可能な洗浄を保証する、標準化されたコンポーネントに基づいてモジュール式ソリューションを提供します。VARITOP® タンク安全装置は、あらゆるサイズと形の処理タンクの安全性と衛生を保証するために、特定のプロセスパラメータ、洗浄方法、および CIP/ガス管理に関する要件に合わせて構成できます。

膨張補償器: 概して、剛性配管バルブマトリックスの制御されない熱膨張は、パイプとバルブハウジングの変形を引き起こし、製造プロセスを損ないます。バルブマトリックスと固定式プロセスパイプシステムに特に適しており、GEA の VARICOMP® 膨張補償器は、熱応力を克服し、ダウンタイムを回避するために利用できます。VARICOMP® は小型でくぼみのない設計から恩恵を受け、CIP/SIP に対応し、衛生的無菌プロセス作業に最適です。