ヘアスタイリング製品

整髪用ジェルやワックスなどの高粘度製品の処方は、多種多様なコンポーネントを含み、カープールなどの一部の処方は混合が難しく、多くの場合高速な撹拌が必要になります。これにより渦が生じ、その後気泡が生成される場合があるため、下流の瓶詰プロセスが難しくなることがあります。

渦の生じない混合

この問題に対する従来の解決策は、製品を混合タンク内で落ち着かせ、空気を消散させるようにすることです。ただし、このような分散状態は非常に素早く作り出せるので、瓶詰が可能な状態になるまでに沈殿時間として数時間かけるのは効率的でなかったり、コスト効率が悪くなったりします。 

これは利用される材料の特性によって異なりますが、ヘア製品の分散は 2 通りの方法で処理できます。1 つ目は、らせん状撹拌機を利用してタンク内で直接行う方法で、2 つ目は撹拌機とともに直列ミキサをタンクに接続する方法です。渦が生じないようにすることで、高流量でも、落ち着かせる段階を経ることなく、高粘度製品を効率的に分散させ、瓶詰することができます。重要な利点には、製造時間の大幅な (1000 kg の一括処理が 4 時間から 1 時間に) 短縮、落ち着かせる段階の省略、および空気が取り込まれることのない均質な最終製品の製造が含まれます。 

いったん混合されると、粘性のある製品を主要ミキサから出すために、最高圧の 0.5 barg が加えられます。効率的な製造と、充填ライン、頑丈な攪拌機、ポンプ、および直列ホモジナイザへの搬送をプロセスラインに組み込むことができます。さらに、詰まりや圧力の高まりを防ぐように、配管は最小限の屈曲でできる限り短くなるように設計されます。

ヘアワックスは 65 °C 以下になると、固くなるため、GEA はすべての配管、ポンプ、均質化装置を温水の被覆で断熱するように規定します。これにより、製品温度を 85 °C 以上に保ち、自由流動製品が充填ラインに達するようにします。