ファンデーション用途

リキッドファンデーションは肌色の水中油型美容乳液で、通常、無機着色または有機着色剤により調合されます。リキッドファンデーションは均一な顔色を作り出すために顔に塗られます。傷やシミをカバーしたり、肌の見た目を自然なトーンに補正したり、フェイスペインティング (またはファンデーションが顔以外の場所に塗られる場合はボディペインティング) したりするために利用される場合もあります。また、顔の見た目をより良くするための化粧品の利用は、数千年前から知られ、実践されてきています。古代ギリシャ、ローマ、エジプトでは男女ともに肌色を明るくするために鉛白粉や石灰を利用していました。

着色顔料の均質化

ミネラルベース (無機) 顔料は、肌に吸収されず、ほとんど水に溶けません。ただし、これらの多くは油分散液として利用できます。有機着色剤は主に水素、窒素、または酸素原子あるいはこれらすべてと結合した炭素から成る合成化合物です。色の選択は、製品処方の特性、および水または油中で分散できるかどうかによって決まります。 

高圧均質化は、乳剤中の着色顔料の利用に関して基本的に重要なプロセスです。これにより、従来の混合よりもはるかに長い分離時間により懸濁液を作り出すために、効果的な粒子分散を可能にします。

最適な性能のために、ホモジナイザは単一段階プロセスで 1000 ~ 1500 bar の圧力で動作し、3 ~ 5 つの製品経路を必要とされる粒径削減と材料の硬さのレベルに応じて組み込みます。