パーソナルケア用途の洗浄と滅菌ソリューション

CIP (Clean-in-Place: 定置洗浄) と SIP (Sterilize-in-Place: 定置滅菌) システムは、高品質のパーソナルケア製造に欠かせないものです。

さらに、よく設計された CIP/SIP システムでは、プラントの一部を洗浄したり消毒したりすると同時に、他の場所で引き続き製品の製造を行うことができます。また、最新の CIP/SIP システムは、プラントの利用率の向上という点で費用を節約できるだけでなく、CIP 材料 (洗浄液の再利用により)、水 (システムが最適な量の水を利用するように設計されています)、および作業時間の大幅な節約にもつながります。

CIP/SIP はさまざまな領域を対象としていますが、主な目的はタンク、容器、配管から固形物と細菌を取り除くことです。このとき、処理は衛生または無菌環境で行われなければなりません。衛生はパーソナルケア製造プロセス中の最優先事項ですが、水消費量の減少と排水放流も製造業者にとって重要事項です。今日のプラントは、プラント稼働中の製品劣化と汚染を防ぐために、最高の衛生設計基準を満たさなければなりません。

GEA は、製造中の水の管理性向上を目的とする、この高まる需要を満たすように製造業者を支援できます。例えば、SIP の前に効果的かつ適格な洗浄を行うことが不可欠であるため、GEA の CIP 技術はデッドスペースのない正確に建設された流路を利用する製造施設に大きな利益をもたらします。これにより、加工装置の一貫性した効率的で信頼できる洗浄と、製品のダウンタイムを最小限に抑えることが可能になります。

GEA の洗浄技術は、さまざまなトップレベルの洗浄ヘッド、およびパーソナルケア市場の最も衛生的な無菌用途の補助機器を提供します。この対象範囲は広範囲に及びますが、GEA はお客様特有のプロセスニーズを満たすよう適合させたソリューションの開発を支援します。 

効率的な洗浄は、ダウンタイム、排水費用、および水と洗剤の消費量の削減に役立ちます。例えば、GEA のタンク、容器、およびコンテナ洗浄技術は、お客様が環境を保護し、投資コストを節約するために重要な貢献をすることを助けます。