硬水軟化錠剤の圧縮

水中に存在する特定の金属イオンにより、さまざまな問題が生じます。これらは洗剤の作用を妨げ、石灰カスの蓄積を引き起こすため、配管の詰まり、電解腐食の促進につながります。硬水軟化剤が解決策を提供します。

産業用錠剤ソリューション

市場に出ているほとんどの硬水軟化剤は、「イオン交換」系に影響します。このため、硬度イオン (カルシウムとマグネシウム) はナトリウム (塩) またはカリウム (塩) イオンに交換されます。この処理は、硬水軟化剤の樹脂タンク内で行われます。水がタンクを通って流れると、ナトリウムまたはカリウムイオンで覆われた小さな樹脂ビーズと接触します。

水が樹脂ビーズの間を流れると、カルシウムおよびマグネシウムイオンがナトリウムイオンと入れ替わります。このため、軟水は塩分量が増加します。最終的に、より多くの水が軟化され、ビーズの中身が排出され、カルシウムとマグネシウムだけが含まれるようになります。塩錠剤の入れ替えにより、システムが再充電されます。硬水軟化システムの塩錠剤は、標準的な大量消費者製品に相当します。ただし、この例の製品は非常に腐食しやすくなります。

GEA R233 両面プレス機は、塩錠剤製造において最も高い生産量を実現します。耐食圧縮領域は、技術的区画から完全に分離されます。さらに、下側区画の冷却ベンチレータは、技術区画の塩粉末が入らないようにするために、熱交換器に置き換えられます。

ステンレス製プレス機シェルは、オペレータが部品を移動しないように保護するだけでなく、圧縮音を大幅に軽減します。ポンチホルダが高圧ヘッドとガイドローラに装着されるため、コンピュータにより設計されたカムまたはポンチホルダ自体に摩耗や割れは生じません。サイクロイド駆動は、長期間故障の心配のない駆動系寿命を保証します。独立型電気キャビネットには高水準のコンポーネントのみが含まれます。

この用途に関連した重要な機能

  • 高い圧縮力用の工具ホルダ
  • 粉体流促進機
  • 錠剤重量と硬さ制御
  • 排出
  • 環境条件