食器洗い用液剤、石鹸、および食器用洗剤

ほとんどの家庭では少なくとも一日に一度食器を洗うため、食器洗い用製品は定期的に利用されます。

用途に応じたターンキーソリューション

肌にやさしい、芳香、抗菌加工などの特性は、手洗い用液剤の間で広がっています。自宅で最初から料理する人が増えれば、その後の食器洗いの量も増えることになります。 

食器洗い用洗剤や食器用洗剤とも呼ばれる食器洗い用液剤は、食器洗いを補助するために利用される洗剤です。これは通常、皮膚刺激の少ない界面活性剤の泡立ちの良い混合物であり、グラス、皿、刃物類、調理器具を台所の流しや洗い桶で手洗いするために主に利用されます。食器洗浄水の表面張力を下げ、最新の界面活性剤混合物の溶解度を高めることで、水切りカゴ内の食器の水切れが非常に良くなります。ただし、多くの人は食品の味に影響する可能性のある残った洗剤分を取るために、純粋で食器をすすぎます。

これらの配合には界面活性剤 13 ~ 40% が含まれ、大部分はアルキルエーテル硫酸塩ですが、非イオン性および両性 (ベタイン) も含まれます。

液体食器洗い用洗剤の製造には、消費者が必要とする食器洗い用液剤の特性、つまり泡を最小限に抑えることが伴います。製造時の泡の発生は、特に充填ラインにおける課題です。GEA は液体混合技術を理解しているだけでなく、長年の経験に基づく、プロセス全体に対する独自の理解とノウハウを持っています。 

弊社は原材料取り扱い、混合とブレンド、貯蔵、最終梱包、製品回収、CIP/SIP (Cleaning and Sterilizing In Place: 定置洗浄および滅菌)、および自動化の確立された専門家です。単一のコンポーネントまたは完全なターンキープラントのいずれを必要とする場合でも、GEA は衛生的設計、製品安全、生産性、収益性、および品質の観点から、これらの要件を満たすための適切な技術および知識と経験を持っています。