冷却と冷凍

製パン業界において経験豊富な GEA は、的確なアドバイスと最高品質および信頼性を提供できます。当社の専門技術者が、お客様の製品要求に沿った冷却ソリューションを選択いたします。

新鮮な製品 - 持続可能な冷却プロセスにより実現されます

食品のクーリングおよび冷凍は、GEA が 10 年以上にわたって真剣に取り組んできた課題です。多くのスーパーマーケット、小売店、低温倉庫および物流センターは、通常の冷却 (中温) および低温凍結 (低温) プロセスに関して GEA に信頼を寄せています。たとえばスーパーマーケットでは、果物、野菜、肉、海産物および菓子類の鮮度を保つために、最適な温度に冷却する必要があります。 

ヨーロッパ諸国で食品に求められる高い衛生性および鮮度の基準では、信頼性の高い冷凍機器を使用し、分断されない冷凍環境の継続が求められます。一貫した信頼性のある冷凍システムにより、低温貯蔵室、冷却キャビネット、冷凍キャビネットおよび凍結室それぞれで適切な温度が維持されます。

昨今では、地球にやさしい食品冷却と冷凍は、さらにその重要性が増しています。冷却および冷凍プロセスで多くの冷凍システムが環境に優しい冷媒 R744 (CO2) を使用している理由はこれなのです。閉鎖系システムの冷媒として使用するとき、自然冷媒の R744 にはオゾン破壊係数がなく (ODP = 0)、地球温暖化への直接の影響はごく軽微 (GWP = 1) です。この冷媒は無色の気体で、圧力をかけると液化して、わずかな酸臭、酸味が出ます。R744 は非可燃性で、化学的に不活性であり、空気よりも重い気体です。高濃度の場合にのみ、人体に麻酔状態や窒息といった影響を及ぼします。二酸化炭素は、自然界で大量に入手可能できます。

さらに、多くの GEA グループの冷却および冷凍システムは排熱利用の観点から稼動しており、冷凍キャビネットや冷凍室から受け取ったエネルギーを、たとえばスーパーマーケットの暖房や給湯など、効率的に使用することができます。このオプションにより、スーパーマーケットでの運用コストだけでなく、暖房に使用するガスやエネルギーの削減に貢献します。排熱利用の概念のおかげで、環境への CO2 排出量は大幅に削減されるのです。