予備濃縮の最適化

GEA は乳清とその派生物の加工に適用される均質化技術を提供しています。

均質化技術は多くの場合、乳清タンパク質と乳糖の処理に利用されます。乳清は常に家畜 (主に豚) の飼料として扱われていましたが、現在、乳清の利用範囲が拡大し、乳製品、非食用配合粉乳、および食材としても利用されています。
 
通常、乳清は乾燥製品として利用されています。ただし、乾燥前に、乳清に含まれる水分の 90% を取り除くために予備濃縮が行われます。GEA は、水を放出する粒子のサイズを標準化することにより、予備濃縮の効果を最大限に高めるために均質化を行うことをお勧めします。さらに、均質化はその後の結晶化プロセスの効果を高めます。結晶化段階中に乳清の粘度は変化します。このとき、均質化を利用して、粘度の変化を管理し、結晶化を最適化することができます。噴霧乾燥手順中には、噴霧乾燥器への給液には高圧ピストンポンプを利用し、100 ~ 150 bar の範囲の動圧を利用することをお勧めします。