GEA はガラス産業における排ガス処理の完全な展望をサポートします

この数年のガラス需要の伸びは GDP よりも速く、現在も成長を続けています。エネルギー効率の改善は、供給の確保、経済成長、環境保護というエネルギーおよび環境政策の 3 つの目標を達成するための最も重要なステップの一つです。

ガラス産業のための空気浄化機 GCP はブラジル・サンパウロ州に設置され、2013年以来稼働しています。

ガラス産業用途

珪砂、カレットおよびその他の材料は、あらゆる種類のガラス製造の基盤となっています。原料の溶解プロセスにより汚れた煙道ガスが生成され、溶解炉からスタックに移送されます。車や建物の窓ガラスに使用されるフロートガラス炉は、連続炉条件と高い排ガス温度により、ガラスの製造で約 600 ~ 1.000 トン/日 (tpd) という高生産能力を有する。

約 50 ~ 400 トン/日の生産規模を持つ容器ガラス (ボトル、香水、医薬用ガラスなど) 製造業者にとって、煙道ガスの着色プロセスとそれに関連する変化は課題の一つになっています。また、炉の状態も一定ではありません。

GEA の排出抑制技術を利用することで、個々のタスクと必要とされる結果を考慮に入れて、汚れた煙道ガスを個々の政府規制に従って浄化できます。

当社のお客様は、短時間の保守点検で継続的に安定した信頼性の高いシステムとプラント可用性の向上を期待できます。GEA は、ガラス産業だけでも 140 件を超える設置実績により経験を積み、全世界のお客様にご満足いただいております。通常のガス浄化プラント (GCP) を構成する処理技術は以下の通りです。

DeSOx (排煙脱硫) と DeNOx (排煙脱硝)

個別に必要とされる SOx (硫黄酸化物) 除去効率を実現するために、乾式または半乾式システムによって酸成分を除去する技術です。消石灰、ソーダ灰、トロナ (重炭酸ソーダ石) などの様々な異なる試薬を使用可能です。窒素酸化物の除去は、例えばアンモニア水などにより、触媒層内で達成されます。特別な密閉システムが浄化ガス中のアンモニアスリップを最小限に抑えます。前述の設備部品の代わりにキャンドルフィルターを設置することも可能です。

粒子状物質の除去

高温ガス電気集塵機 (ESP) では、炉粉塵だけでなく、上流側 DeSOx からの反応生成物も沈殿します。浄化ガス粉塵排出量 < 10mg/Nm³ で乾燥状態を実現できます。

エネルギーの回収

省エネはガラス業界を含むあらゆる種類の産業にとって極めて重要な課題です。ガラス製造プロセスが経済的に運転されている場合でも、廃棄物オフガスの熱エネルギーの有効利用は ORC (Organic Rankine Cycle:有機ランキンサイクル) 技術により可能です。

排ガスからの熱出力は、キャリア液体 (熱媒油) によって ORC モジュールとその作動流体に伝達されます。この作動流体はタービン内で蒸発、膨張し、発電機により電気を発生させます。別法として、汚れた煙道ガスおよび/または清浄な煙道ガスの廃熱で圧縮空気、温水または建物の暖房を提供することもできます。