電力・焼却産業ガス浄化

GEA は、既存の全ての石炭火力発電所と廃棄物焼却プラントにコスト効率の高い排出削減ソリューションを提供しています。

gas-cleaning-power-incineration

新規発電能力増強プロジェクトのための当社のノウハウは、最も厳しい大気質基準も満たす当社技術の実現可能性を実証し続けています。

噴霧乾燥吸収 (Spray Drying Absorption:SDA) プロセスは、石炭などの化石燃料の燃焼で発生する酸性ガスや微粒子を除去することで煙道ガスを浄化する汎用性の高い方法です。煙道ガスが大量に発生するため、多くの発電所には複数の噴霧乾燥吸収装置モジュールが設置されています。

噴霧乾燥吸収からの最終製品は、反応生成物、余分な吸収剤、飛灰で構成されます。SDA システムは、スペースが限られた現場に効果的に組み込むことができ、関連する簡単な故障中にオンラインに持ち込まれるため、発電停止を最小限に抑えます。

廃棄物焼却炉用途では通常、比較的低いガス発生量を特徴とします。通常、小型プラントと酸含有量成分は単一パス設計に有効です。吸収装置の乾燥特性、入口ガス中の高い塩化物含有量、単一パスモードなどには、吸収チャンバでの長い滞留時間に対応できる設計が必要になるため、プラントは高い排気温度で運転されることになります。

単一の回転噴霧器を中央に配置すると、壁濡れと壁への付着の可能性を最小限に抑え、最適な試薬の利用を実現できます。その耐磨耗構造とフレキシブルシャフト設計は、不均衡に耐え、定期保守予定日間の信頼性の高い連続運転を提供します。

当社の目標は以下の排出物を削減することです。

  • 窒素酸化物 (NOx)
  • 硫黄酸化物 (SO2 と SO3)
  • 微粒子 (PM2.5)
  • 水銀
  • 酸性ガス (HCl と HF)
  • その他の有害大気汚染物質 (HAP)

200 台以上の噴霧乾燥吸収プラントが世界中の発電所、製鉄所、廃棄物焼却プラント、有害廃棄物の焼却プラントに設置されています。これらのプラントは以下の共通特性を共有しています。現地の地方自治体が定めた性能規定またはそれ以上の基準に基づいて運転可能。