プロセス産業の排出抑制

排出抑制は人類、動物、地球自体のための世界的な環境保護のマイルスートンです。

GEA は、最先端技術を駆使したコスト効率の高い高性能ガス浄化技術を提供して、以下のような汚染物質の許容濃度を下げ、プロセス産業標準を設定します。

  • 粒子状物質
  • 硫黄酸化物 (SOx)
  • 窒素酸化物 (NOx)
  • アンモニア (NH3)
  • ハロゲン (F2, Cl2、Br2, I2)
  • ハロゲン化水素 (HF、HCl、HBr、Hl)
  • 重金属 (鉛、水銀)
  • 揮発性有機化合物と臭気
  • その他の有機有害大気汚染物質

これらの汚染物質は、世界の先進工業国全体にわたって存在し、健康や環境に害を及ぼし、物的損害をもたらすことがあります。テクノロジーリーダシップ、プロセスの把握およびグローバルプレゼンスの独自の組み合わせにより、当社は、品質、信頼性、および調達資金に応じた世界最高水準のシステムを提供し、大気汚染の影響を最小限に抑えます。

当社は、排出削減システムの開発、設計、設置の長年の経験から得た専門知識に基づいて、以下を含むオーダーメイドの統合ソリューションを提供しています。

除塵 (粒子状物質の除去)

粉塵除去は、粒子やエアロゾルを大気に放出する前に沈降させることを目的とする排出抑制技術です。

使用される主な大気汚染防止装置は以下の通りです。

  • スクラバー
    • スクラバーは飽和排ガスの除塵に使用されます。これらのシステムでは、スクラビング液が粉塵粒子を含む排ガス流と接触します。効率はガス流と液体流の接触時間によって異なります。
    • GEA は、ベンチュリースクラバー、ジェットタイプのスクラバー、環状ギャップスクラバー、水中スクラバーのような特殊な湿式スクラバーを開発して、お客様の特定の要求を満たしています。調整可能なスクラバーは高効率装置で、特別に工業プロセス産業条件に対応して GEA が開発したスクラバーです。
  • 電気集塵機
    • 電気集塵機は、電力を使用して粉塵粒子を排気ガスから分離します。汚染ガスが電極間の電離場を通って流れる間、粒子は通過する際に負に帯電し、これらの荷電した粒子は接地電極または正に帯電した電極に引き付けられ、それに付着します。
    • すべての GEA 電気集塵機 (ESP) は高効率で動作し、排出された排ガス中の微粒子負荷を非常に低くすることができます。GEA は用途に応じて乾式電気集塵機 (ESP) または湿式電気集塵機 (WESP) のいずれかを使用
  • フィルター
    • バグハウスフィルターまたはキャンドルフィルターは、繊維材料またはセラミック材料を使用することによる濾過に基づいており、低粉塵含有量を達成する必要がある場合に最適な技術です。バグフィルターは、非選択的に大きな微粒子負荷を除去する能力によって多くの用途で重要とされます。
    • GEA 独自の低圧パルスジェット技術 ECOpuls は、特に大きなガス流の処理に適用可能です。
  • サイクロン
    • サイクロンは多くの場合、粉塵負荷が高い廃ガスの予備除塵に使用されます。
  • 塔スクラバー
    • 塔スクラバーは、特殊用途、すなわち、一部の冶金プロセスで発生する高粉塵負荷、高砒素・セレン負荷を有する高温・腐食性ガスの湿式ガス浄化システムの初期段階として利用されます。

煙道ガスの脱硫 (FGD:硫黄酸化物の除去)

煙道ガスの脱硫は、化石燃料の燃焼またはセメント、ガラス、鉄鋼、銅の製造を含む工業プロセスにおける燃焼によって発生するガスに含まれる二酸化硫黄 (SO2) の除去を伴います。

必要とされる浄化処理は、多くの場合、消石灰 [Ca (OH) 2] または炭酸水素ナトリウム [NaHCO2] を注入することによって、SO2、HCL、HF などの酸成分を吸収するだけでなく、微粒子を回収して粉塵の排出要件を満たし、さらに必要に応じて、活性炭によってダイオキシン (PCDDF) や重金属も吸収します。

利用可能な SOx 制御プロセスは様々あります。乾式 DeSOx と半乾式 DeSOxプロセスでは、粉末状の消石灰 (または他の吸着材) を排気ダクトに注入して、プロセス排出物から SO2 と SO3 を除去します。湿式 DeSOx プロセスは、アルカリ吸着剤 (通常石灰石や石灰) のスラリーまたは海水を使用して硫黄成分を吸収し、ガスをスクラビングします。

使用される主な硫黄酸化物の排出抑制装置は以下の通りです。

  • スクラバー
    • スクラバーは飽和排ガスの除塵に使用されます。GEA は、ベンチュリースクラバー、環状ギャップスクラバー、および水中スクラバーのような異なる用途のための特殊スクラバーを開発しました。
  • フィルター
    • バグハウスフィルター/キャンドルフィルターは、ガス浄化のために粉塵含有量を低くする必要がある場合によく選択される最適な技術です。非選択的に大きな負荷を除去する能力によって、バグフィルターは多くの用途で重要とされます。
    • GEA 独自の低圧技術 ECOpuls は特に大きなガス流の処理に適用されます。
  • 噴霧乾燥吸収 (SDA)
    • GEA のガス浄化技術は、既存・新規の規制に取り組む環境に優しいソリューションで、お客様の事業の場所に関わらず柔軟で確実な運転を提供できるように、オーダーメイドされます。この吸収器の強みは、水銀やダイオキシンの排出量を確実に低減する目的で設計されたピーク制御や活性炭注入などの実証済みシステム機能にあります。

NOx 制御技術 (窒素酸化物の除去)

燃焼源からの窒素酸化物 (NOx) 排出物を制御する効果的な方法は、選択的触媒還元 (SCR) 技術による方法です。

この技術は、窒素酸化物 (NOx) を分子状窒素 (N2) と水蒸気 (H2O) の化学的還元に基づいています。この SCR 技術は触媒を利用して、低温処理を可能にする NOx 除去効率を高めます。DeNOx 装置の位置 (すなわち除塵段階の上流側または下流側) によって、粉塵が多い用途と粉塵が少ない用途間で性能に相違が生じます。

使用される主な窒素酸化物の排出抑制装置は以下の通りです。

  • 選択的触媒還元 (SCR) 反応器
    • NOx 還元反応は、ガスが触媒チャンバを通過するときに生じます。触媒チャンバに入る前に、アンモニアまたは他の還元剤 (尿素など) にはガスが噴射され、混合されます。GEA SCR 技術は、低いアンモニアスリップで高い NOx 低減率を実現し、ダイオキシン、フラン、有機物、水銀などの汚染物質をさらに同時に酸化することができます。

吸収 (酸性汚染物質の除去)

吸収剤は、オフガスからのハロゲン (F2、Cl2、Br2, I2)、ハロゲン化水素 (HF、HCl、HBr、HI) および低分子量アルコール、カルボン酸やアミンのような酸性ガス汚染物質の除去を容易にします。

使用される吸収のための主な排出抑制装置は以下の通りです。

  • スクラバー
    • スクラバーは、飽和廃ガス中の粉塵除去に使用されるだけでなく、酸成分を吸収するためにも使用されます。GEA は、半径流スクラバー、ベンチュリースクラバー、ジェットタイプのスクラバー、環状ギャップスクラバー、水中スクラバーなどの様々な用途向けに特殊スクラバーを開発しました。
    • さらに、緊急時対応の小型スクラバー装置は、ハロゲン、ハロゲン水素、アンモニアの輸送のために、多くの場合、注入ステーション内で保管中に安全装置として設置されます。
  • 噴霧乾燥吸収 (SDA)
    • 噴霧乾燥吸収 - 酸性ガス吸収の噴霧乾燥技術を用いた独自の使用法は 1970 年代に GEA によって発明されました。以来、この技術は継続的に開発が進み、変化する条件と要件に合わせて最適化されています。このため、このプロセスは効率性と汎用性に優れ、十分にテストされた技術として位置付けられています。
  • 電気集塵機吸収器 (EP 吸収器)
    • この特別設計された吸収器を搭載する電気集塵機は、主に流動接触分解 (FCC) ガス浄化プロセスに使用されます。
  • 吸収塔
    • 特殊駆動ノズルを介してスクラバー媒体が注入され、塔頂部で分配されて最大限のガス/液体交換領域を生成すると同時に、急冷効果がガスまたは蒸気の冷却につながります。

重金属の除去

水銀除去のためのカロメル処理は、塩化第二水銀による水銀蒸気の酸化に基づいて、スクラビングによって分離できる塩化第一水銀 (カロメル) を形成します。

VOC と臭気除去

揮発性有機化合物 (VOC) と臭気は、多くの場合、スクラビングや触媒反応のような他のガス浄化プロセスで共処理されます。

ダイオキシン/フラン除去 

ダイオキシンとフランは最も有毒な有機物質の一つとして知られており、多くの場合、吸着剤 (活性炭、焼却炉コークス、またはゼオライト) または触媒反応を追加することによって他のガス洗浄プロセスで同時に共処理されます。

ガス冷却・調整

GEA ガス冷却システムは、ガス温度の低減および/または維持のために、細かく噴霧された水を制御された量だけ熱ガス流に導入します。ガスから熱を吸収しながら水が蒸発して乾燥を完了させますが、それによって塵が自由に流動し、液体排出がゼロになり、壁の蓄積が最小限になるか、またはなくなります。

使用されるガス冷却・調整の主な排出抑制装置は以下の通りです。

  • 急冷塔、高温ガス急冷または蒸発クーラー
    • この急冷システムは、焼却炉、溶解炉、乾燥炉または他の高温ガス流から高温排ガスを冷却し、多くの場合、スクラバーや電気集塵機などの予冷器として使用されます。

廃熱 (エネルギー) の回収 

エネルギー回収プラントは、エネルギーコストの削減と CO2 排出量の削減により、最終製品のコストに競争上の優位性を与えるだけでなく、次世代のための環境保全にも役立つ投資になります。プロセス内の廃熱は、有機ランキンサイクル (ORC) プロセスを使用することによるか、または工業プロセスにおいてエネルギー熱交換装置を実装することで経済効率を高めることによって回収することができます。

  • 廃熱回収装置 (WHRU)
    • この廃熱回収装置は、高効率な熱伝達を提供するガス/熱媒油熱交換器です。各用途ごとに個別設計された GEA の装置は、様々なガス/粉塵濃度と温度範囲に対応できます。
    • 各 WHRU は、高い粉塵負荷や粘着性の粉塵などの装置の予想される動作条件に合わせて特別設計された適切な浄化システムを搭載しています。