溶融晶析

GEA の溶融晶析プロセスは、高純度化学品の生産に重要です。

1 つの過程で高純度を実現

Acetonitrile

化学品の製造には分離と生成が不可欠です。不純物は最終製品の品質に望ましくない影響をもたらします。不純物の中には触媒や下流プロセスに好ましくない影響を与えるものもあります。

蒸留は化学品製造過程の代表的な単位操作です。多成分のガスや液体の接触が可能な場合、蒸留がひろく適用される単位操作です。溶融晶析は、経済的で効率的な分離の代案となり、蒸留が難しい以下のような精製用途で使用されています。

— 類似の沸点を持つ異性体
— 共沸系
— 温度感受性の高い物質
— 重合傾向のある成分
— 爆発性物質

通常の共晶系では目的物の純粋結晶を形成できます。その他の分離技術では、この高い選択性は不可能です。溶融晶析は新規設備だけなく、蒸留や吸収など既存の濃縮プロセスをアップグレードするのにも最適です。既存のプロセスの生成物の要求純度を緩めることにより処理量を著しく向上させたうえで、溶融晶析プロセスを使用して最終精製を完了します。これらのボトルネック解消プロジェクトの代表例は下記です。

— 生産性・回収率・純度の改善
— バッチから連続運転への変換
— プラントの能力や経済性の分析
— 既存の晶析装置での固液分離