特殊化学品および精密化学品 - 均質化

懸濁液はある材料が別の材料内で分散している混合液のことです。通常は、粉末や顔料などの固体要素が液体物質内に分散しています。

懸濁液は、透明な溶液というよりはむしろ不透明で濁っており、これを用意するためには、機械的なエネルギーを使用する必要があります。

分散プロセスでは、ほとんどの場合、かたまりを一次粒子径まで小さくする工程が含まれており、他の機器を使用するよりも、ホモジナイザを使用する方が粒子の超微細分散をうまく実現できます。他の機器を使用すると、長い処理時間がかかるからです。

高圧ホモジナイザを使用すると、多くの生産物に独自の変化をもたらすことができます。たとえば、セルロースに使用すると、繊維を解繊して、水結合の傾向を高めることができます。 

GEA は、ナノセルロースなどの新たな用途開発に独自のソリューションを提供しています。この場合の製造法は、長いミクロフィブリルを繊維壁から遊離させることです。ミクロフィブリルセルロースは、ナノフィブリル、微細原繊維、繊維くずおよび繊維の混合物ですが、大部分はナノフィブリルが占めています。高圧でホモバルブを通すことにより、高いせん断応力によって繊維断片が裂けます。このようにして、繊維は元の長さを維持しながら、幅だけが細くなります。

ホモジナイザ技術では、ローター/ステーターに比べ、粒子がより小さくなることが実証されています。高圧均質化は、通常、高いせん断力を持つグラインダまたはリファイナを使用しています。高せん断ミキサによって得られる粒子径と粒子径の分布の比較から、高圧均質化を行った場合の方が粒子径が小さくなり、分布も狭くなることがはっきりわかっています。この理由から、高圧均質化 (600 ~ 1,500 bar) は製造プログラムの最終工程で選択される技術となっています。また、この技術を使用し NFC ゲルを工業規模で生成することができます。