排ガス処理技術

精密化学品は、連続あるいはバッチ処理で少量生産される高純度の化学物質です。製造過程で排ガスが生成されることがあり、これらはスクラバで洗浄されます。

GEA のジェット洗浄プラントはこのような用途に最適で、要求仕様に応じて柔軟に設計できます。爆発性、高ダスト濃度、および腐食性の強いガスの処理に適しています。1,300 ℃までの温度、0.05 m³/h ~ 100,000 m³/h の流量に対応でき、既存のプラントにも付加することも可能です。排ガス内に塩素またはトルエン、塩化メチレン、ベンゼンなどの溶剤が存在する場合は、特殊材料を選定して処理プロセスを設計する必要があります。

水、希酸またはアルカリ溶液が吸収媒体として使用されます。スクラバは、さまざまな無機・有機物質の吸収に非常に適しています。たとえば、ハロゲンガス (F2 、Cl2 、Br2、l2 )、ハロゲン化水素 (HF、HCl、HBr、Hl)、硫黄化合物(SO2、SO3、H2S)、アンモニア (NH3)、低分子アルコール、有機酸、アミンなどです。

向流の精密洗浄プロセスでは充填物やトレイが装着されることもあります。ジェットスクラバを多段プラントとして設計したり、ベンチュリスクラバやその他のエアゾール式分離器と組み合わせることもできます。