開発段階および商業規模でのポリマー用ホモジナイザ

高圧ホモジナイザは、ポリマーの生産、特にエマルジョンの重合で使用される、水、モノマーおよび界面活性剤に関わるプロセスです。

ホモジナイザの技術

GEA の小型でコンパクトな研究所用ホモジナイザは、各種生産物の均質化の効果をテストし、プロセスパラメータを評価するのに最適です。連続稼働を目的として設計されているため、2000 bar までの高圧力で高性能を実現し、1 時間あたり 0.9 リットルという非常に少ないサンプル量で作動することができます。その結果、工業用ホモジナイザによるものと同等の製品品質が保証されます。

当社の工業用ホモジナイザでは、ナノメータまでの分散粒子を生成できます。また、当社は、さまざまなレベルの流量や圧力に適した幅広いバルブを提供しています。GEA はお客様のご要求に合わせてカスタマイズできるホモジナイザも取り揃えています。