バイオ化学分野での蒸発晶析

晶析操作は、主に、蒸発、冷却または化学反応によって構成されます。蒸発技術は、溶解度が温度と関係なく過飽和がスラリーの濃縮によって発生する場合に適用されます。真空冷却晶析は、溶解度が温度に大きく依存する場合に適用されます。真空冷却晶析には、冷却面がないというメリットがあるため、付着物は問題になりません。

カフェインからビタミン C まで

Coffein Crystals

数十年間にわたり、GEA は食品および医薬品の有機化合物の晶析プラントの設計と機器の提供に携わってきました。クエン酸、カフェイン、グルタミン酸、MSG、リジン、トレオニン、特殊な糖およびビタミン C などです。当社はまた、ケトグロン酸、アスコルビン酸ナトリウム、およびケトグロン酸ナトリウムなどの関連する上流工程用の機器も提供しています。 

また、高価な化学品を回収するための関連する排水処理システムの設計でお客様の理想的なパートナーとなっています。これら化学品には、ビタミン C の生産で生じる硫酸ナトリウムや、副産物としての硫酸、およびカリウムの回収によるパン酵母 (およびバイオエタノール) の蒸留残渣などがあります。排水処理プロセスでは、GEA の晶析技術を、膜プロセス、凝集沈殿プロセス、および活性炭による処理などの関連技術と共に使用し、要求される品質を達成しています。 

GEA は、プロセスの評価および詳細なシミュレーションを行える研究設備を保有し、新規プロセスの開発に貢献しています。