バイオテクノロジーの分野での GEA の技術の汎用性

十時流式の膜ろ過は、バイオ化学生産プロセスと発酵プロセスで最も汎用的な分離技術です。GEA の技術、専門知識および経験に基づき、分離プロセスの最適なソリューションを提供します。

十時流式膜ろ過方式は、以下のような多様な用途で広く使用されています。

  • バイオマス分離
  • 単離および精製
  • 脱色
  • 脱塩 
  • 予備濃縮  

この技術のもう 一つの重要な用途は、イオン交換溶出液またはクロマトグラフィ溶出液の回収です。

膜の種類

十時流タイプの膜は、膜材料、モジュールタイプおよびカットオフで分類されます。

膜のカットオフ膜材料膜のタイプ
精密ろ過高分子中空繊維
限外ろ過セラミックスパイラル型
ナノろ過ステンレス鋼プレートとフレーム
逆浸透管状

バイオ化学分野での代表的な構成は以下のとおりです。

  • バイオマス分離用セラミック精密ろ過 
  • 分離および精製用の高分子スパイラル型、限外および精密ろ過: 
  • 予備濃縮用の逆浸透、スパイラル型 

プロセスの開発とスケールアップ

化学品分野ではバイオ化学にますます重点を置くようになり、画期的な新製品を生み出すための革新的なプロセスが開発されつつあります。

GEA の開発部門の専門家が豊富な経験と知識でお客様のプロセス開発をサポートします。当社は、パイロットプラントから本格的な商業生産に至るまで、十時流式膜ろ過技術のプロセス設計を行います。