発酵の微調整

発酵は酵母とバクテリアがアルコールや酸などの化合物に糖を変換するプロセスです。このプロセスは、バイオテクノロジーや医薬品製造のみならず飲料・食品の製造にも適用されています。

プロセス制御

発酵は好気性または嫌気性のどちらでも進行します。好気性発酵で抗生物質、酵素、ビタミンおよびアミノ酸等が生産されます。一方、嫌気性発酵でアルコール、アセトンおよびバイオガス (メタン) 等が生成されます。

GEA は発酵プロセスに関する専門性の高い知識を持っており、発酵を扱う幅広い産業に機器を提供できます。発酵プロセスの上流工程・下流工程にあわせてプラント全体の計画を行う等、お客様の要望に合わせて最適なソリューションを提供します。

発酵プロセスは、無菌の栄養培地を無菌の発酵槽への移送と栄養培地を微生物による前培養での植菌を含みます。発酵は敏感なプロセスで、発酵槽内の環境を最適な状態に維持する必要があります。pH、温度、圧力と時間、および衛生状態などのパラメータを管理することが重要です。

GEA はお客様の最適なパートナーとして、発酵プロセスの管理と制御、最適な収率と製品品質を実現します。