バイオプロセスによる化学品の生成

人々は、数世紀もの間、化学品や化合物をバイオテクノロジー的手法で生産してきました。今日のバイオベースの化学品は、発酵または化学変換や酵素的変換を実行した後、複雑な生産物単離と浄化手順によって再生可能資源から製造されます。

すでに高く評価されているバイオ化学産業の代表的な生産品には、アミノ酸、クエン酸、キサンタンガムやカラギーナンなどの増粘剤、酵母や酵母エキス、種培養および産業用酵素があります。

バイオ化学産業の主な成長分野は、従来は石油化学に由来していた化学品や化合物のバイオテクノロジー的生産です。この多様な基本骨格分子を、再生可能資源を使用して生産するためのプロセスはすでに開発されています。これにより、再生不能資源への依存が低減されます。

GEA には、大規模な工業的バイオ化学プラントに関するプロジェクト設計とプロジェクト管理において長年の経験があります。当社は、バイオ化学産業向けに、統合ソリューションと全体のプロセスラインを提供できます。当社の専門性は、以下のような、生産、精製および濃縮に関する包括的な加工技術を網羅しています。

  • 発酵
  • 遠心分離器または膜ろ過によるバイオマス分離
  • 蒸留、溶融晶析または膜ろ過による生産物単離および精製
  • 蒸発による濃縮
  • 最終製品の結晶化および乾燥
  • 蒸発や乾燥による副産物の濃縮および乾燥

GEA の開発センター及びプロセスや技術に関するグローバルな専門知識により、プロセスの最適化やスケールアップについてお客様をサポートし、バイオ化学品用に最も効率的で持続可能性の高いプロセスを探して実装できます。

従来のバイオ化学と新しいバイオ化学

多くの化学品は、数世紀にもわたり、バイオテクノロジー的手法で生産されてきました。この確立された産業の代表的な生産物は次のとおりです。

  • アミノ酸
  • クエン酸
  • キサンタンガムやカラギーナンなどの増粘剤
  • 酵母および酵母エキス
  • 種培養
  • 技術的酵素

GEA には、この伝統的なバイオ化学産業について、主に次のような豊富な経験と数多くの実績があります。

  • 蒸発による生産物および副産物の濃縮
  • 機械的分離またはろ過によるバイオマス分離 
  • 抽出および析出プロセスのための溶剤回収 
  • 生産物および副産物の乾燥 

基盤生物化学物質およびバイオプラスチックモノマー

今後大きな成長率が潜在的に見込まれる化学的生産の新しい傾向は、バイオ化学による石油化学の置換えです。これらのいわゆる基盤化学物質は、近い将来、再生可能化学の創造につながります。以下のような、さまざまな基盤分子を生産するためのプロセスが開発されています。

  • コハク酸
  • 乳酸
  • 1,2 / 1,4 ブタンジオール
  • 1,2  / 1,3 プロパンジオール
  • ファルネセン
  • P- キシレン
  • Azealactic 酸

その他多数の基盤化学物質

GEA は、これらの物質の下流プロセス全体の優れた機器、技術およびプロセスを提案します。

  • クロスフロー膜ろ過
  • 機械的分離
  • 溶融晶析
  • 蒸留および精製
  • 蒸発
  • 溶液の結晶化
  • 乾燥および包装

世界中のGEA 開発センターでは、スケールアップやプロセスの最適化でお客様をサポートし、プロセスの事業経済性を最大化しています。